Skip to content


帰還住民の被ばく量 職業ごとに推計公表 via NHK News Web

原発事故で避難している福島県内の住民の帰還に向け、内閣府は、避難指示が一部で解除された田村市など3つの市と村について、住民の被ばく量を職業ごとに30のケースに分けて推定しました。
いずれも避難解除の要件とされている年間20ミリシーベルトは下回りましたが、ほとんどのケースで政府が長期的な目標としている年間1ミリシーベルトを上回りました。

(略)

最も高かったのが、いずれの市と村でも山林で働く林業で、飯舘村で17ミリシーベルト、川内村で5.5ミリシーベルト、田村市都路地区で2.3ミリシーベルトでした。
一方、建物で過ごす時間が長い教職員の場合、飯舘村で11.2ミリシーベルト、川内村で1.8ミリシーベルト、田村市都路地区で0.7ミリシーベルトとなりました。
30のケースではいずれも、避難解除の要件とされている年間20ミリシーベルトは下回りましたが、このうち25のケースで、政府が長期的な目標としている年間1ミリシーベルトを上回りました。

全文は 帰還住民の被ばく量 職業ごとに推計公表

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


脱原発へ具体策検討 群馬大や関係企業 研究会きょう発足via 東京新聞

脱原発に向けて具体策を検討する「群馬再生可能エネルギー技術交流研究会」が十七日に発足する。群馬大や関係企業が参加し、太陽光、風力、小水力など発電技術の共同研究や事業化に取り組む。
 発起人代表は群大の根津紀久雄名誉教授。研究会は市民に向けた講演会も企画し、補助金などの情報を会員同士で交換する。
[...]
根津名誉教授は「会員同士で知識、技術、経験を生かして意見交換してもらい、人と人とのつながりを大切にしたい。地域経済の発展と市民生活の向上につなげ、新しい道筋を示すことができれば」と意気込んでいる。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Feds Conducting Radiation Survey in Boston Before Marathon via The Weekly Standard

The National Nuclear Security Administration (NNSA) will spend the four days leading up to the Boston Marathon conducting a helicopter-based survey to measure naturally occurring background radiation in a ten square mile area west of downtown Boston. The measurements are being taken to “establish baseline levels [which] is a normal part of security and emergency preparedness”, especially before large public events such as the marathon.
[...]
A Government Accountability Office (GAO) report in 2006 reported “significant benefits” to such surveys in the event of nuclear terrorism:

There are significant benefits to conducting aerial background radiation surveys of U.S. cities. Specifically, the surveys can be used to compare changes in radiation levels to (1) help detect radiological threats in U.S. cities more quickly and (2) measure contamination levels after a radiological attack to assist in and reduce the costs of cleanup efforts.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .


‘No’ to telco tower via The New Straits Times

The protest was led by the Penang EMF Radiation Protection Association on Tuesday.
Association secretary Ong Bee Lay said the telecommunication tower (telco tower) was hazardous to those in the school and people who live nearby.
“We realise that schools are under pressure to adopt new technologies but based on the warning given by WHO (World Health Organisation) and members of the medical and scientific communities these towers may be harmful,” claimed Ong.
“Compulsory exposure to electromagnetic radiation in the classrooms compromises the safety of those in school.
“The warning by WHO in May 2011 claimed that microwave radiation from wireless devices and cell phones may cause cancer,” she said.
Ong said schools, parents and staff were unaware of the enormous number of scientific studies published which suggest that wireless technologies and mobile phones emit microwave/RF radiation and can pose a health risk.
“We fully support the use of computers in schools but medical experts are calling for wired technologies to be used in schools.
“Schools have a responsibility to provide a safe environment for children under their care.

Read more: ‘No’ to telco tower – Northern – New Straits Times http://www.nst.com.my/streets/northern/no-to-telco-tower-1.569841#ixzz2zCcbrVS3
[...]
Tanjung Bungah assemblyman Tey Yee Cheu accepted the petition from the residents.

Read more: ‘No’ to telco tower – Northern – New Straits Times http://www.nst.com.my/streets/northern/no-to-telco-tower-1.569841#ixzz2zCclPJ9W
[...]
“Though it is not fully operational I have always stated my stand against such projects in my constituency.
“Although the Penang Island Municipal Council has approved it, steps should be taken to remove it due to the residents’ discontent.
“The precautionary approach should be more advisable as the residents would be exposed to health risks round the clock,” he added.

Read more: ‘No’ to telco tower – Northern – New Straits Times http://www.nst.com.my/streets/northern/no-to-telco-tower-1.569841#ixzz2zCct9BUc

Read more.
◇◇Maharashtra govt to pull plug on cell towers if they breach radiation norms via mid-day

Knesset Panel: Education Ministry Acting to Reduce Radiation in Schools

Radiation-linked concerns should shift to handsets: Cellular Operators Association of India

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


Radiation-linked concerns should shift to handsets: Cellular Operators Association of India via The Economic Times

NEW DELHI: India’s GSM operators want the telecom department (DoT) to drive regulation of cell tower emissions to pre-empt vested interests from derailing network expansion and hurting quality of mobile coverage.

[...]
Tower emission fears, he said, were being unfairly stoked by “vested interests out to sell their equipment” at a time when global safety concerns revolved around the “use of mobile phones”.

Underscoring the need for uniform pan-India tower radiation norms, Mathews warned that networks would collapse if every nation or state adopted a different set of tower emission rules, given their global nature. More so, since 3G and 4G networks need more power to push mobile signals and the number of towers is linked to population density in a service area.

[...]
Last year, the DoT had tightened tower radiation limits to 0.45 watts per sq metre, or a tenth of the current 4.5 watts per sq metre safety limit (in the 900 MHz frequency band) prescribed by International Commission on Non-Ionizing Radiation Protection (ICNIRP), the global agency that puts out norms on permissible safety limits.

Subsequently, in an advisory dated August 8, 2013, to the chief secretaries of states and union territories, the DoT had asked them to put no restrictions on tower installations in residential areas, educational institutions or hospitals as radiation concerns had been addressed by lowering limits.

Read more.

Maharashtra govt to pull plug on cell towers if they breach radiation norms via mid-day

Knesset Panel: Education Ministry Acting to Reduce Radiation in Schools

“No” to telco tower

Posted in *English.

Tagged with , , , .


東日本大震災:福島第1原発事故 損賠訴訟 「避難中に自殺」結審 東電側、争う姿勢崩さず /福島via毎日新聞

事故後の自殺を巡り、東電を訴えた初めてのケース。2012年5月の提訴から約2年、夫の渡辺幹夫さん(63)は「東電の責任をはっきりさせたいという思いで続けてきた」と話し、東電側は自殺と原発事故の因果関係の有無や程度を争う姿勢を崩さなかった。判決は8月26日。
[...]
避難後の体重減少や無気力、情緒不安定。振り返れば「おかしい」と思う言動はいくつもあった。でも当時、「病気」だとは考えもせず、裁判になって初めて医師の意見書で「うつ病になっても無理もない状況にあった」と知った。

 裁判では「避難中に急速に心身の不調をきたし、自殺に追い込まれた」とする原告側に対し、東電側は「因果関係は個人の性格や生活状況を総合的に判断すべきだ」などと主張し、自殺と事故の関係性の有無や程度を争ってきた。途中、裁判所は和解を提案したが、渡辺さんは「責任をあいまいにされては困る」と判決にこだわっていた。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


福島原発「廃炉」本当にできるのか!米スリーマイル島は事故から35年、いまだ原子炉解体できず via NHK

スリーマイルではメルトダウンした核燃料を取り出したものの、高い放射線量や膨大な作業コストが壁になっている。スリーマイルでの廃炉作業を記録した内部映像や証言を通して、廃炉作業とはどういうものか、何が障壁となるのかを探る。
福島第1原発からも「放射性物質の封じ込め」に苦闘する現場を伝える。燃料冷却に使った汚染水が漏れて問題になっているが、いまだ原子炉の損傷個所さえ特定できていない。「廃炉」が近隣住民にどんな影響を与えるか、事故から28年たったチェルノブイリの避難民たちの現在も探る。
*NHKスペシャル シリーズ「廃炉への道」第1 回「廃炉・果てしなき道」(仮)

もっと読む

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Gaslight era left radioactive legacy in Chicago via Chicago Tribune

Before the electric light bulb ended the Gaslight Era, one of the biggest advances in illuminating Chicago and other cities was the development of a lantern wick that could withstand intense heat while burning brighter than ordinary lamps.

The wicks, known as Welsbach gas mantles, were made of gauze soaked in a radioactive element called thorium. To meet demand, several long-forgotten lantern factories north of the Chicago River ground tons of thorium-laced ore during the early 1900s, then gave away the sandy leftovers to shore up soggy areas around Streeterville, at the time a heavily industrialized neighborhood.

Nobody kept track of where the radioactive sand from Lindsay Light Co. ended up. But today, developers and street crews confront the company’s toxic legacy every time they dig foundations for hotels and high-rise condominiums that have made Streeterville a magnet for upscale living and tourism.

Experts say the radiation doesn’t pose dangers as long as contaminated soil remains below newer layers of concrete, asphalt and dirt that cover most of the neighborhood. Environmental regulators start to worry only when old buildings, parking lots and parks are dug up for new development — work that is on the increase again after the economic downturn.

Inhaling thorium-contaminated dust increases the risk of developing lung and pancreatic cancer, according to the U.S. Environmental Protection Agency. Even small amounts can deposit in bones and stay in the body for years.

[...]

The two Chicago-area sites are among dozens nationwide where toxic waste was dumped by companies associated with Kerr-McGee Corp., which took over the former Lindsay Light factories in the 1960s. Most of the settlement money will pay for cleaning up radioactive waste from uranium mining in the Navajo Nation, rocket fuel spilled into Lake Mead near Las Vegas and cancer-causing creosote from wood treatment factories in the Midwest, East and South.

Read more at Gaslight era left radioactive legacy in Chicago

Posted in *English.

Tagged with , , .


ドイツは失敗したか<5> 染みだした核のごみ via 東京新聞

北西部ニーダーザクセン州のアッセという町を訪れた。丘の中腹に「A」という大きな文字が描かれていた。「Aufpassen(注意しろ)のAですよ」。核廃棄物処分場建設に反対する住民運動のリーダー、ペーター・ディッケルさんが言う。

 そこは、岩塩の廃坑跡だ。

 地下七百五十メートルの空洞に一九六七年から十一年間、中低レベルの核廃棄物を詰めた約十三万個のドラム缶が研究名目で投入された。

 問題が明らかになったのは八八年のことだった。一日一万二千リットルの地下水が浸出し、崩壊の恐れがあるという。二〇〇八年には浸出水からセシウムなどの放射性物質が検出された。

 ドイツでも、使用済み核燃料の処分は悩みの種だ。

 高レベル放射性廃棄物の最終処分場は、同じニーダーザクセン州にあるゴアレーベンの岩塩層が有力だった。だが、アッセのような地下水の浸出などを心配する住民の反対運動が強くなり、連邦政府は三年前、白紙撤回を決めた。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


「再稼働支持しない」 NRC元委員長、新潟知事と対談 via 朝日新聞

東京電力柏崎刈羽原発のある新潟県泉田裕彦知事が、東日本大震災発生時に米原子力規制委員会(NRC)の委員長だったグレゴリー・ヤツコ氏と対談し、原発事故や地震の複合災害が起きた際の住民避難について「国の制度全般を見直さない限り、自治体が有効な避難計画を作るのは不可能だ」と明言した。柏崎刈羽原発を再稼働させるには有効な避難計画を前提とするとも受け取れる発言で、ヤツコも「問題点の対応をしないと再稼働を支持できない」と述べた。ヤツコ氏は、東日本大震災が発生して3年がたつのにあわせて東京大学で開かれたシンポジウムに出席するため、原発事故に関する「民間事故調」の母体となった財団法人日本再建イニシアティブの招きで来日。対談は3月12日夜、東京都内で行われた。主なやりとりは以下の通り。

■ヤツコ「80キロの避難勧告はよい判断だった」
 泉田 福島第一原発の事故の際、日本政府が半径20キロ圏に避難指示、20~30キロ圏に屋内退避指示を出したときに、米国は80キロ圏に避難勧告を出した。過剰だったか、適切だったか、今はどう考えるか。
 ヤツコ あとから考えてみると、とても良い判断だったと思う。おおかた、私たちが当時予測していた通りに事故は進展した。いま思えば、若干小さくしたほうがより正確だったかもしれないが、事故で我々が見えていたことに基づけば、私としては正しい声明を出せたと思う。
(略)

■泉田「機能しない避難計画は作れる」

泉田 新潟県に、福島県から約5千人が避難してきている。

ヤツコ 新潟県には原発は何基あるのか?

泉田 柏崎刈羽原発に7基ある。

――世界最大級だ。

ヤツコ そう、最大級だ。柏崎刈羽の地元の避難計画はできているのか?

泉田 作ろうと思えば、機能しない計画は作れる。指針はできている。が、実効性が伴わない。半径5キロ圏内に2万2千人、30キロ圏内に46万7千人が住む。米国基準では立地不適格に該当するエリアだ。

2007年の中越沖地震では、変圧器から漏れた油で原発敷地内で火災が起きた。当時、東京電力はこの消火に失敗した。地震で地面が1メートル50センチくらい沈没し、消火栓に水を運ぶ水道管が破壊され、消火活動ができなくなった。消防隊が避難してしまった。

新潟県庁と柏崎刈羽原発の ホットラインが地震のときに機能しなかった。原発側でホットラインのある部屋のドアが地震でゆがんで開かず、職員が入れないのが原因だった。地震でも対応 できるホットラインのある部屋をつくるよう東電に要求し、できたのが免震重要棟だ。同じ東電の施設なのに新潟にだけあるのはおかしいよねということで、福島第一原発に免震重要棟をつくったのが東日本大震災の8カ月前だった。新潟が「免震重要棟をつくってくれ」と言わなければ、福島第一に免震重要棟はなかった。今、東京に人が住めていたかどうか疑わしいと思っている。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .