Skip to content


“日本一危険”な川内原発再稼働、原子力規制員会の姿勢に問題あり via 日刊SPA!

(抜粋)
「川内原発は日本で最も危ない原発の一つ。さまざまな課題が残されたままなのに、再稼働ありきで、審査を進める原子力規制委員会の姿勢にこそ大いに問題があると思います」と語るのは「原子力規制を監視する会」の阪上武氏。

「川内原発で事故が起これば、汚染水が日本中の海に広がってしまう。福島第一原発事故で経験したことが、汚染水対策にはまったく活かされていません。いま 福島でいちばん問題となっている、地下水を通じての汚染をいかに防ぐかということは、再稼働の条件にはなっていないのです。

火山対策もまったく非現実的で、川内原発の核燃料をほかのところに移動させようにも、炉心から取り出した燃料棒を何年も冷却しなければなりません。第 一、その場合にどこに持っていくかもまったく白紙。そうした交渉にはとても時間がかかります。仮に火山の噴火を予測できたとしても、何年も前に予測できな ければ原発が対応するのは無理というわけなのです。

当初の原発再稼働の用件とされた、いざ原発事故が起きた際の周辺住民の避難計画も、不十分のまま。再稼働だけがゴリ押しされています。川内原発の地元、鹿 児島県の避難計画は特にヒドく、伊藤祐一郎鹿児島県知事は、川内原発の重大事故を想定した10~30km圏の老人や障害者などの要援護者の避難計画に関し ては『作らない』『どうせ現実性はない』と発言。体育館にフィルターをつけて屋内退避ですまそうとするなど、非常に場当たり的です。

これを規制委は批判するどころか、『地域の実情に沿った計画が策定されるべき』と、フォローするありさま。地震や火山、海の汚染、住民の避難と、どの分野をみても、課題を後回しにしています。

全文は“日本一危険”な川内原発再稼働、原子力規制員会の姿勢に問題あり

関連記事:

川内原発1号機は運転開始から30年を超えている。井野博満東京大名誉教授(金属材料学)は「審査書案では触れられていないが、老朽化とセットで考えないといけない」と問題視した。

NPO法人「原子力資料情報室」の伴英幸共同代表は、規制基準で定められている航空機衝突などのテロ対策に関し「実際に想定したら、大規模な放射能放出は目に見えている。机上の空論のような対策で審査を合格させている」と指摘した。

環境NGOの満田夏花理事は、規制委が30日間行う意見募集が科学的・技術的なものに限定されたことに触れ、「一般国民の意見を求めていない」と憤った。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


川内原発:田中規制委員長「安全だとは私は言わない」via 毎日新聞

原子力規制委員会は16日、九州電力川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県)について、「新規制基準に適合している」とする審査書案を定例会で了承した。今後、30日間の意見公募などを経て審査書を決定する。

(略)

ただ、規制委は「基準に適合しているかどうかを審査するだけで、稼働させるかどうかには関与しない」との姿勢を崩さず、政府も「稼働させる政治判断 はしない」との立場だ。実質的に再稼働の判断は電力会社と立地自治体に委ねられ、国策でもある原発が、国の責任があいまいなまま稼働する可能性もある。

現在、川内1、2号機を含め、12原発19基が規制委の安全審査を受けている。事実上の「合格」第1号が出たことについて、田中俊一委員長は「基準への適合は審査したが、安全だとは私は言わない。これがゴールではないので、(九電は)努力していく必要がある」と述べた。

審査書案は約420ページ。九電が示した地震や津波の想定、事故対策などを個別に検討した。九電が想定 する地震の最大の揺れ「基準地震動」を従来の540ガル(ガルは加速度の単位)から620ガルに、想定する最大の津波の高さ「基準津波」を約4メートルか ら約6メートルに引き上げたことを、いずれも妥当とした。

また、九電が周辺14火山の過去の噴火間隔やマグマだまりの膨張傾向などから「安全性へ影響する可能性は小さい」と判断したことを受け入れた。ただし、規制委は継続的な火山の監視を求めた。

また、福島第1原発で起きた炉心損傷や全電源喪失などの過酷事故への対応は、幅広い事故の想定▽事故時 の作業要員の確保方法▽機能喪失を防ぐ設備の準備▽対応手順−−などを求め、九電が示した対応策をいずれも了承した。航空機が施設に落下した場合やテロ対 策についても対応の手順書や体制、設備の整備方針を認めた。

全文は川内原発:田中規制委員長「安全だとは私は言わない」

関連記事:

日本商工会議所の三村会頭は記者会見で「待ちに待ったということだ。原子力規制委員会の厳密な審査が終了し、地域住民の了解という次の段階に入ったという ことは、1つの大きなステップが前に進んだと高く評価している。この夏には間に合わないだろうが、できるだけ早い時期に稼働に結びついてほしい」と述べま した。
経済同友会の長谷川代表幹事は「新しい規制基準をクリアした原子力発電所の再稼働は、ようやく成長軌道に乗りつつある日本経済の持続的成長に不可欠だ。今回の審査結果の公表を契機にほかの原発についても迅速な審査が行われることを期待する」というコメントを出しました。
大 手商社などで作る日本貿易会の小林栄三会長は都内で行われた記者会見で、「日本人は省エネにも協力的なので、とりあえずは原子力がなくても乗り切れている が、経済が成長し、海外の企業が日本に進出する際に、エネルギーのコストが最大の問題になるのは自明の理なので、安全が確認された原発を着実に動かすこと が日本の国益に合致すると確信している」と述べました。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


福島原発告訴団、上申書を提出 審査立ち会い求める  via 日本経済新聞

 東京電力福島第1原発事故で東電幹部らを業務上過失致死傷の疑いで告訴・告発した福島原発告訴団が15日、東京地検の不起訴処分の妥当性を審査している東京第5検察審査会に「被害者の声を直接聞いてほしい」との上申書を提出した。告訴団が審査に立ち会うことを求めている。

 提出後、都内で記者会見した武藤類子団長(60)は「昨年10、11月に申し立てたが、審査の状況についてほとんど何も知ることができない」と検審の運営方法を批判し「事故の責任を司法の場で問いたい」と述べた。
[...]
 福島原発告訴団は審査申し立ての対象を勝俣恒久元会長ら6人に絞っている。〔共同〕

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


竜田一人『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記』via Blogos

紙屋高雪 2014年05月02日 13:38

[...]

構造的な問題が描けるのか

もう一つ。果たして、竜田『いちえふ』は、構造的な問題を描けるのか、あるいは描こうとするつもりがあるのか、という点が気になる。

原発作業員の労働は、下請が多重構造になっていき、多重化された下の方は、違法な労働がまかりとおり、ピンハネが横行し、安全問題が軽視されている、という問題がしばしば指摘される。

2012年9月に発行された布施祐仁『ルポ イチエフ 福島第一原発レベル7の現場』(岩波書店)は、「東電は公式には原則三次下請けまでしか認めていない」(布施p.127)としつつ、現実には多 重下請化し、本来発注側が指揮命令をしてはいけないのにしてしまう偽装請負が横行していることを告発する。

[...]

布施は、「このように、電力会社や元請け会社などが労災を隠そうとしていることに加え、違法な偽装請負の恒常化が、労基署の介入を避けるための労災隠しにつながっている」(布施p.133)と結論づける。

この問題は、30年以上まえの原発労働の事情として書かれた『原発ジプシー』にもくり返し登場する。原発作業員として働く著者の堀江はマンホール に落ちて骨折する大けがを負うのだが、労災を使わせない。使わせないどころか、大けがをして苦痛にうめいている堀江にたいし、今そこに東電の社員が来てい るから立ち上がって仕事しているフリをしろと作業指揮者が強要するのである。労災扱いにさせた人も、敷地外でけがをしたことにしてようやく認めさせたとい う。

[...]

「フクシマの真実」ではなく「福島の現実」を描くという本作がこの指摘を否定するのか、修正するのか、それともふれないのか、ということだ。

『いちえふ』1巻p.33には、「週刊誌のインチキ」として、作業中に心筋梗塞をおこし死亡したケースについて、蘇生したと報じた週刊誌があったが、それはでたらめだと述べている。そのうえで

まぁこの件は東電の発表でもいわきの病院に搬送してから死亡確認ということになっているから東電としても1F(いちえふ)内で死んだことにはしたくなかったのかも知れない(竜田p.33)

とだけ書いている。そして、心筋梗塞だから「勿論被曝との関連はない」(同前)ということを強調している。

そこが強調されるべきところだろうか、と首をかしげたくなる。

[...]

『いちえふ』のあやうさ

ぼくが竜田『いちえふ』について危惧するのは、この点である。「プレイボーイ」では、本作品が記録としてすぐれていることを高く評価したうえで、「危うさ」についても書いた。

脱原発運動への敵愾心が先に立ち、客観的な記録を逸脱したり、ふみこむべき問題にふみこんでいないのではないか、という恐れである。

竜田『いちえふ』の1巻の終わりには、まわりの労働者が「明るい」ということが描かれる。まわりの労働者はバカ話をしながら、ギャンブルや下ネタ を連発しているのだ。作者竜田はどんな悲惨な現場だろうかと覚悟してきたが、わわれれの日常と変わらぬ「普通」さがそこにあるということを描こうとしてい る。

しかし、ギャンブルと下ネタが連発するのは、30年前に書かれた『原発ジプシー』を見てもまったく同じだ。なのに、『原発ジプシー』を読むと、それは刹那的な生き方として見えてくる。要は同じ事実をどう受け止めるのかの違いだろう。

[...]

再稼働を主張する竜田

しかし、2014年4月29日付の「朝日」を読んだとき、その危惧についてさらに深めざるを得なかった。

同日付に竜田一人は登場し、「再稼働し『職人』絶やすな」と題する主張を展開していた。

いま日本の原発は全部止まっていますが、私は原発作業の技術と人員を確保するために、当面、安全な原発の再稼働は必要だと感じています。稼働する原発があれば、1Fで線量がいっぱいに近づいた技術者や作業員は線量が少ない他の原発で働いて食いつなげるし、若手を連れていって修業もさせられます。(前掲「朝日」、強調は引用者)

廃炉要員の技術継承と員数確保のためだけに再稼働しろと読める、この議論にはかなり無理がある。

第一に、技術継承と員数確保のためだけなら、再稼働ではなく、老朽化原発の廃炉を進ませてその作業をさせてもいいではないか。たとえば5月1日付の「朝日」には「『廃炉検討』言及相次ぐ 老朽化原発、負担見極め 電力4社」という記事があった。

http://www.asahi.com/articles/DA3S11113020.html

記事にあがっている30~40年近い老朽炉は、18もある。なぜわざわざ再稼働なのか。

[...]

第四に、これがもっとも本質的な問題なのだが、そもそも竜田のこの主張には、再稼働することのリスクが何も織り込まれていないということだ。よく 言われるように過酷事故が再発する確率は「低い」のかもしれない。しかし、いったん起こってしまえば、時間的・空間的・社会的に取り返しのつかない問題を ひきおこすという、「異質の危険(異常な危険)」をはらんでいる。

竜田は「安全な原発」とナイーブな前提をおいている。「国境なき医師団の継承者がいなくなると困るので、安全な国境紛争や飢餓はたやすべきではない」という主張に似た不自然さをおぼえる。

再稼働とリンクさせることが難しい問題を、かなりアクロバティックな主張で結びつけている印象が強い。そこに竜田の政治性、もしくは激しい市民運動への敵愾心を見るのである。

「現場」の運動への冷ややかな視線は竜田の専売特許ではない

布施の『ルポ イチエフ』には、その終わりの章に、原発作業員が、脱原発運動をどう見ているかというインタビューが載っている。

総じて手厳しい。

たとえばこうだ。

「原発が爆発した点だけを見て、そこで飯を食っているうちらのような人間もいることとか他の面を見ていないような気がします。もちろん東電や政府の 肩を持つつもりは、まったくありません。事故が起こったのは事実だし、彼らの責任も大きい。その責任をしっかりとらせて、安全対策もきちんとやった上で、 再稼働すべきだと思います」(布施p.183)

竜田ほど入り組んではいないが、驚くほど似ていることがわかる。

他の人たちも、脱原発運動の「地に足のついてなさ」というか、現実と格闘している自分たちとのギャップを感じている様子が伝わってくる。

ただ、布施のインタビューでは、にもかかわらず、そこで“仲たがい”している場合じゃない、として、デモへの理解をしなければならないと自分に言い聞かせる作業員も登場する。おそらく布施自身はそこに一つの希望を見いだしたのだろう。

いずれにせよ、竜田の感情は決して「東電に洗脳された政治主義」というわけではなく、ごく自然な感情の一つだということができる。「現場」の運動への冷ややかな視線は竜田の専売特許ではないのだ。

そして、くり返しになるが、ぼく自身は、このマンガを、客観的なイメージの記録として高く評価するものである。

全文は 竜田一人『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記』

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , , .


Before and After the Worst Nuclear Disasters in History via Mashable

There are few sources of energy as fickle and destructive as nuclear power.

When contained and kept under control, it can be a relatively clean way of powering thousands of homes. When an accident happens, the aftermath can be deadly and destructive long after the initial incident.

Here are the before and after stories of the worst disasters the world has seen.

Kyshtym: Sept. 29, 1957

Before

The Kyshtym disaster is shrouded in mystery and muddled by years of Soviet suppression of information.

In 1945, the Soviet Union built the Mayak plutonium processing plant in the secret town Ozyorsk, deep within the eastern Ural Mountains. The plant was built to refine weapons-grade nuclear material following World War II, and was where the first Soviet nuclear bomb was developed.

The plant played an integral roll for the USSR in its arms race with the United States, and experienced one of the most dangerous radiation leaks in history. When word of the leak spread, the disaster took on the name of the nearest known town, Kyshtym.

Continue reading at Before and After the Worst Nuclear Disasters in History

Posted in *English.

Tagged with , , , , , .


福島第1:放出量は最大4兆ベクレル がれき撤去で東電 via 毎日新聞

 東京電力福島第1原発で昨年8月のがれき撤去時に放射性物質が飛散し、20キロ以上離れた福島県南相馬市の水田を汚染した可能性がある問題で、東 電は14日、同原発からの放射性セシウムの総放出量を最大4兆ベクレルと試算していたことを明らかにした。しかし「かなり大づかみな計算」として公表せ ず、市にも伝えていなかった。

東電によると、敷地内や同県双葉、浪江町のモニタリングポストで実測した空間放射線量の上昇度合い、気象データを基に放出量を試算。がれき撤 去で放出されたのは1時間当たり1000億〜1兆ベクレルで、放出時間は計4時間と推定した。4兆ベクレルは、事故後の福島第1原発から1日に放出される 放射性セシウムの1万倍以上に上る。

南相馬市には、セシウムが最大で1平方センチ当たり0・04ベクレルが沈着したと見積もった。東電は「極めて微量な放射性物質が南相馬まで到 達した可能性は否定できない」と説明しつつも、同市のコメから基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超えるセシウムが検出されたこととの因果関係につい ては「事故直後の放射性物質によるものかもしれず、断定できない」としている。

続きは福島第1:放出量は最大4兆ベクレル がれき撤去で東電

当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


Beware the safety myth returning to Japan’s nuclear debate via Financial Times

Debate on future energy needs must be wider

[...]

The safety myth idea came to stand for the foolishly simplistic way that nuclear power had been sold to the Japanese public, and, as a consequence, of the way it had been regulated. Back in the 1960s, when Japan’s leaders pitched the technology to a nation that still vividly remembered Hiroshima and Nagasaki, they glossed over the risks. Civilian atomic power was not just safe, they said, it was absolutely, unquestionably, always and no matter what, safe.

Those leaders knew better, of course. But absolute guarantees were the only way to bring the national psyche into line with what were, in an energy-poor country, powerful political and economic incentives.

The strategy worked. Japan ultimately built 54 commercial reactors, and before the Fukushima disaster there were plans for more. But the approach did nothing to make those reactors safer, and arguably made them less so. The need to maintain the myth prompted utilities and the government to dismiss suggestions that standards could be improved. After all, to make something better – to heighten a tsunami wall, to move a crucial back-up generator away from flood danger – would be to admit that it was once less than perfect.

As one post-Fukushima investigation concluded, those in charge were “caught up in a safety myth that deemed a severe accident such as a core meltdown to be impossible, and were not prepared for the reality that a crisis could occur right in front of them”.

[...]

Certainly, the government and utilities have a responsibility to ensure that risks from nuclear plants are vanishingly small, and there are many lessons to be learnt from Fukushima. But one of those lessons was supposed to be that promises of absolute safety are illusory and dangerous.A debate that focuses solely on them elides other important considerations, such as the comparative harm inflicted by fossil fuels, vastly more of which Japan is now burning. And if the pro-nuclear side wins and reactors are again operated based on the safety myth, there is a potentially bigger harm: that the old pre-Fukushima complacency will set back in.

Read more at Beware the safety myth returning to Japan’s nuclear debate (Registration required)

Posted in *English.

Tagged with , , .


Kazue Morisono & Saeko Uno: “Women of Fukushima against Nuclear Power” 原発要らない福島の女たちvia Foreign Correspondents Club of Japan

Posted in *English, *日本語.

Tagged with , , , , , , , , , .


原発がれき汚染で東電陳謝 作業は月内再開、地元は抗議 via 朝日新聞

 東京電力福島第一原発のがれき撤去作業で昨年8月、放射性物質が20キロ以上飛散し、福島県南相馬市の水田を汚染した可能性のある問題について、東電は14日の定例会見で「作業が原因かどうかはわからないが、飛散問題で広く迷惑をかけて大変申し訳ない」と陳謝した。

 中断している撤去作業は月内に再開する考えを明らかにした。放射線量や事前に詳細な作業内容を公表するかどうかについては「作業再開までに検討する」と述べるにとどめた。
[...]
 桜井勝延・南相馬市長は取材に「深刻で大きな問題なのに、すぐ市に報告しなかった農水省には不信感を持たざるを得ない」と指摘。東電に対しては「農家や市民の不安をあおるような作業をしてきた無責任な対応に抗議し、説明を求めたい」と述べた。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


福島の鼻血「内部被ばくか」 神戸の医師、学会で発表 via 神戸新聞

東日本大震災による原発事故の後、福島県では、子どもを中心に鼻血が出る症状が相次いだ。漫画「美味(おい)しんぼ」で登場人物が鼻血を流す場面が 「風評被害を招く」などと批判されたが、実際に放射性物質が結合した金属粒子が鼻の粘膜に付着し、内部被ばくを起こした可能性があることを、東神戸診療所 (神戸市中央区)の郷地(ごうち)秀夫所長が12日に名古屋市で開かれた日本社会医学会で発表した。(三上喜美男)

郷地所長は神戸大学医学部卒業。兵庫県内で約35年間、被爆者の治療を続け、福島などから避難している被災者の診断や健康相談にも当たっている。

郷地所長によると、福島からの避難者の2人に1人ほどが家族などの鼻血を体験している。突然出血し、普段あまり鼻血を出さなかった子どもが多いのが特徴。避難後はほとんどの症状が治まっているという。

500ミリシーベルト以上の放射線を全身に浴びれば、急性障害で鼻血が出る場合がある。だが福島ではそうした被ばく例はなく、放射線と鼻血の因果関係を疑問視する専門家もいる。

しかし、東日本大震災の被災地では、原発から飛散した放射性セシウムなどが金属粒子と結び付き拡散したことが気象庁気象研究所の観測などで確認された。東 日本一円で医療機関のエックス線フィルムが粒子で感光する現象もみられ、当初から健康への影響を疑う声が聞かれていた。

郷地所長は、金属粒子が鼻の粘膜に付着したのが引き金となった可能性を指摘する。金属粒子は直径数ミクロンで、人体のごく小さな範囲に1日100ミリシーベルトを超える放射線を出し、組織を損傷する。

続きは 福島の鼻血「内部被ばくか」 神戸の医師、学会で発表

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .