Skip to content


(原発利権を追う)「事実だけを申し上げました」via 朝日新聞

■関電の裏面史、内藤千百里・元副社長の独白:13

《1987年、関西電力本社の取締役会で代表取締役名誉会長の芦原義重と副社長の内藤千百里は経営を私物化しているとして取締役を解任された。会長の小林庄一郎の緊急動議だった。芦原は相談役名誉会長、内藤は関電産業(現関電不動産)社長になった》

(略)

腹が立ち、本を書こうと思った。それを聞きつけた東京電力会長の平岩(外四)さんに東京へ呼ばれた。うなぎ屋の個室で二人っきり。「西からそんな問題を起こされたら困る。内藤さん、本を書かないで下さい」と手をついて頼まれた。芦原さんに迷惑をかけられない。「わかりました」と返事をした。

《内藤は沈黙を守った。だが、元首相への献金や政官界との宴会は続けた》

芦原さんは解任後も自分のパイプを小林に譲らなかった。最後まで権力を放したくないという人ではない。ただ負けずに生きていたいなという生命力。本能だったんでしょうね。

私も芦原さんの秘書役は続けた。連絡があれば元首相とセットしてカネを持って一緒に東京へ行った。芦原さんの刺激になると考え、小沢のいっちゃん(小沢一郎)との会合もつくりました。東京行きは芦原さんの体力が衰えて自然にフェードアウトですな。

全文とビデオは(原発利権を追う)「事実だけを申し上げました」

当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


熊坂氏が立候補表明 福島知事選、三保氏は辞退へ via 産経ニュース

福島県知事選(10月9日告示、26日投開票)に元岩手県宮古市長の熊坂義裕氏(62)が無所属で立候補すると15日、表明した。熊坂氏は福島市出身の医師で、現在福島市在住。平成9年に合併前の宮古市長に就任し2期、合併後の宮古市長も21年まで1期務めた。

 福島県庁で記者会見し「避難者の声を聞くたびに福島の復興が全く進んでいないと実感した」と述べ、原発被害対策の見直しや、原発に依存しない社会づくりを公約に掲げた。

[...]
知事選には、自民党福島県連が日銀の元福島支店長で現神戸支店長の鉢村健氏(55)に出馬要請する方針を発表。いわき市の牧師、五十嵐義隆氏(36)も無所属での立候補を表明した。2期目の現職、佐藤雄平知事(66)は態度を明らかにしていない。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with .


Greens’ Niinistö calls for gov’t to reconsider Rosatom for nuclear plant via uutiset

Green Environment Minister Ville Niinistö said he believes that giving the Russian nuclear plant builder Rosatom a permit to construct a new nuclear power facility in Finland would be strange, given that the rest of the European Union is working to reduce dependency on Russian energy. Rosatom is a Russian state-owned nuclear power construction company.

[...]
Niinistö also called for a national programme to increase the use of home-grown renewable energy.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


原発事故で生物影響の恐れ via カナコロ

【ワシントン共同】東京電力福島第1原発事故に伴って放出された放射性物質が、周辺の鳥類や昆虫に遺伝子異常を引き起こしている可能性があるとする論文を、日本や米国の研究者が14日、米専門誌ジャーナル・オブ・へレディティーに発表した。

米サウスカロライナ大のティモシー・ムソー教授は、1986年のチェルノブイリ原発事故後に周辺でツバメの羽毛に白い斑点ができる異常が見つかったと指 摘。福島でも白斑のあるツバメが見つかった (以下略)

続きは原発事故で生物影響の恐れ

当サイト既出関連記事:Timothy A. Mousseau and Anders P. Møller: Genetic and Ecological Studies of Animals in Chernobyl and Fukushima via The Journal of Heredity

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


Electrabel confirms Doel 4 nuclear power plant sabotage vian Power Engineering

Belgium has been left without half of its nuclear capacity, as GDF Suez subsidiary Electrabel confirmed that its Doel 4 nuclear reactor has been shut down due to sabotage.

Reuters reports that a GDF Suez (Euronext: GSZ) spokesman confirmed Belgian press reports about suspicion of sabotage. “There was an intentional manipulation,” he said, adding that somebody had tampered with the system used for emptying oil from the Alstom-made turbine at the nuclear power plant.

He said no outsiders had penetrated into the plant but declined to say whether an employee could have purposely caused the leak, as has been reported in some Belgian media. He said Electrabel had filed a complaint and that the Belgian police had started an investigation.

Repairs being carried out on the major damage inflicted on a steam turbine, which caused an oil leak at the site, means it most likely won’t be reactivated until the end of the year, a situation that could lead to Electrabel losing 40 million euros a month on net recurring income.

The firm say the main damage is to the turbine’s high pressure section.

Continue reading at Electrabel confirms Doel 4 nuclear power plant sabotage

Related article: Investigation into sabotage at Doel nuclear power plant via The Bulletin

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


More Valley investors are funding nuclear energy tech via Gigaom

Summary: A growing amount of Valley investors are eying nuclear startups. Is this a smart trend or the mistakes of the cleantech boom all over again?

Investing in science and energy innovation is slowly swinging back into fashion in Silicon Valley. It seems like this is partly because of a backlash against the idea that Silicon Valley hasn’t been funding the world’s more difficult problems, and instead has been making easy money on things like social media apps. However, that doesn’t mean I think these more difficult investments will make investors the type of money that they’re used to.

[...]

Helion Energy is developing nuclear fusion technology, which has long been the holy grail of energy, and scientists have spent billions of dollars researching it for over 60 years. While traditional nuclear fission works by splitting atoms, nuclear fusion works by joining two atoms together, unleashing lots of light and heat. At its core, this is how the Sun works.

While fusion has worked in labs, the big trick is to get fusion to happen without requiring more energy to start it up than is delivered. Earlier this year Lawrence Livermore National Laboratory researchers said they’d reached that milestone: the fuel used to create fusion in their reactor was indeed capable of producing more energy than it required to launch.

[...]

Helion Energy was founded by four scientists at MSNW, a spin-off from the University of Washington. The company won an award from the Cleantech Open last year and also received $4 million from the Department of Energy.

Just to make clear, $1.5 million from Y Combinator and Mithril is a drop in the bucket for a nuclear startup. The company will need a lot more money than that to get anywhere close to commercialization. Other nuclear startups that tech investors have shown interest in include TerraPower, backed by Bill Gates, and General Fusion, backed by VCs and Jeff Bezos.

[...]

At the same time, nuclear energy is starting to see growing public support now that several years have passed after Fukushima and that climate change is becoming an increasingly worrisome issue. While many environmentalists have been staunchly anti-nuclear, because of the waste and exposure issues, more and more environmentalists are starting to support nuclear as one of the only carbon emissions-free forms of base load power.

Posted in *English.

Tagged with , , , , , .


暴言吐かれ、辞めようかと…被爆者語り部「伝え続ける」via 朝日新聞

 15日、長崎市被爆者語り部の森口貢(みつぎ)さん(77)は、市内の爆心地公園で「不戦の集い」に参加していた。5月、修学旅行中の男子中学生5人から「死に損ない」などと暴言を吐かれ、一時は語り部を辞めようかと考えた。けれど今、「伝える努力を続けよう」と気持ちを新たにする。

暴言は、被爆遺構を案内中に態度の悪い生徒を注意した後に出た。以前も携帯電話をいじる、寝転がるなどの生徒はいたが、経験のない強烈な言葉だった。

(略)

暴言問題の後、平和運動に関わる20代の男性に言われた。「子どものころ、被爆体験を聞くと、先生が言う通りの感想を書かねばならないと感じた。核兵器や戦争が絶対ダメというのは正義だが、押しつけられる反発もある」。ハッとした。後に届く感想文は立派なものばかりだった。自分の思いだけを押しつけていたのかも……。

今月8日、森口さんは被爆遺構で沖縄の中学2年生8人に語りかけた。「ここでみなさんと同じ13、14歳の子どもがたくさん死にました。この先の人生がなくなったらどう思う?」

「イヤだ」。小さな声が返ってきた。「何でもいいから質問して。意見でもいいですよ」。子どもの素直な気持ちや意見をそのまま引き出したい。森口さんが今、心がけていることだ。

「暴言は、若い人に何をどんなふうに伝えればいいかを考える、よいきっかけになった」。同時にこうも言った。「あの生徒たちとゆっくり話ができればなあ。生意気な時期もある年齢。あのことが傷にならなければいいが」(編集委員・大久保真紀

全文は暴言吐かれ、辞めようかと…被爆者語り部「伝え続ける」

関連記事:修学旅行生5人、長崎の被爆者に暴言 横浜の中学校謝罪

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


原発のある町で1500人が未来考える via 朝日新聞

原子力発電所を抱え、どんな未来を描くか。そう問いかける「女川から未来を考えるつどい」が10日、女川町で開かれ、約1500人が集まった。京大助教の小出裕章さん(64)が福島第一原発事故による汚染を解説し、歌手の加藤登紀子さん(70)がライブを披露。町や近隣に暮らす人たちもマイクを握った。
[...]
小出さんは「福島の『帰還困難区域』は残念ながら復興できない。でもこの町は必ず復興する。放射能で汚染するような選択だけは決してしてほしくない」と語りかけた。

 女川町尾浦の漁師、小松吉城さん(40)は、父吉勝さんが生前「事故が起きたらおしまいなんだ」と話していたのを記憶する。「震災を機に原発に頼らない町をつくり、何十年、何百年後に震災があっても安心、安全に生活できる町を第一に考えたい」と語った。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


福島第一原発、炎天下の廃炉作業に密着 via TBS News

この夏は各地で猛暑が続いていますが、廃炉に向けた作業が続く福島第一原発も例外ではありません。炎天下での作業で、熱中症をどう防ぐか、過酷な現場を取材しました。

 強い日差しが照りつける中、廃炉に向けた作業が続く真夏の福島第一原発にJNNのカメラが入りました。

 連日、真夏日が続く福島第一原発。作業員たちは、「防護服」に「マスク」という過酷な環境の中、屋外で汚染水タンクの増設や、土を凍らせて地下水が建屋に流れ込むのを防ぐ「凍土壁」の工事などを行っています。心配されるのは、熱中症です。

 「黄色いのが、ご覧いただけるが、中はクールベストを着けている」(東京電力 福島第一廃炉推進カンパニー 松井健一郎マネージャー)

 防護服の下に着ている黄色いベスト。この中に暑さをしのぐため、あるものが入っています。

 「冷蔵庫でかちんこちんに凍っていて、保冷面を体につけて冷やす」(東京電力 福島第一廃炉推進カンパニー 松井健一郎マネージャー)

 今までの格好と比べてみると、黄色い「クールベスト」を着ると、胸や背中を中心に青くなっていて体温が全体的に下がっているのがわかります。しかし、「クールベスト」を着用しても、その効果が続くのは1時間程度だといいます。そのため、夏場は作業時間を2時間などに制限したうえで、時間帯をずらして作業しています。

 夜明け前から動き始める作業員。日中の暑さを避けるため、作業の開始を早めているのです。さらに、夏は午後2時から午後5時までの作業を原則、禁止しています。

 「早い時間は(午前)5時から (午後)2時までに作業を全て終了する。涼しい時間帯で作業をやっている」(鹿島建設 凍土遮水壁工事事務所 浅村忠文所長)

 作業は夜間も行われ、現場によっては夜通し作業するところもあるということです。こうした、炎天下を避ける工夫に加え、熱中症を防ぐために欠かせないのが水分補給です。作業員は、現場でマスクを外して水を飲むことはできません。ではどのように水分補給をしているのでしょうか。

全文とビデオを見る

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


Timothy A. Mousseau and Anders P. Møller: Genetic and Ecological Studies of Animals in Chernobyl and Fukushima via The Journal of Heredity

Recent advances in genetic and ecological studies of wild animal populations in Chernobyl and Fukushima have demonstrated significant genetic, physiological, developmental, and fitness effects stemming from exposure to radioactive contaminants. The few genetic studies that have been conducted in Chernobyl generally show elevated rates of genetic damage and mutation rates. All major taxonomic groups investigated (i.e., birds, bees, butterflies, grasshoppers, dragonflies, spiders, mammals) displayed reduced population sizes in highly radioactive parts of the Chernobyl Exclusion Zone. In Fukushima, population censuses of birds, butterflies, and cicadas suggested that abundances were negatively impacted by exposure to radioactive contaminants, while other groups (e.g., dragonflies, grasshoppers, bees, spiders) showed no significant declines, at least during the first summer following the disaster. Insufficient information exists for groups other than insects and birds to assess effects on life history at this time. The differences observed between Fukushima and Chernobyl may reflect the different times of exposure and the significance of multigenerational mutation accumulation in Chernobyl compared to Fukushima.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .