Skip to content


Holy See calls for a world free of nuclear weapons via Vatican Radio

(Vatican Radio) The Holy See on Monday said the risk of nuclear weapons being used is growing throughout the world due to three factors: the first, proliferation of such weapons; second, the vulnerability of nuclear command and control networks to cyber-attacks or human error; third, the possibility of nuclear weapons being accessed by non-state actors, terrorist groups in particular.

The Under-Secretary for Relations with States, Monsignor Antoine Camilleri, was addressing the 58th General Conference of the International Atomic Energy Agency (IAEA) in Vienna.

“Speaking of lasting peace as a common good that the entire human family can only benefit from, we wish to reiterate that the prevention of the proliferation of nuclear weapons is paramount for all humankind,” he said. “Yet the attaining of this objective cannot be the final word with regard to peace: special emphasis must be given to worldwide nuclear disarmament. This must be a goal for all states, especially for those who possess nuclear weapons or who want to develop or acquire them.”

See the full text of Msgr. Camilleri’s intervention to the IAEA

Read more at Holy See calls for a world free of nuclear weapons

Posted in *English.

Tagged with , , , .


経産相「福島第二原発の再稼働難しい」via NHK News Web

(抜粋)

小渕大臣は25日、福島県庁で佐藤知事と会談したあと、来月1日、村の一部に出されている避難指示 が解除される川内村を訪れ、遠藤村長から村民の帰還を促進するため、雇用の場となる企業に対する支援や、生活用品などを扱う商業施設の運営費に対する補助 などを盛り込んだ要望書を受け取りました。

これについて、小渕大臣は記者団に対し、「避難指示の解除はゴールではない。皆さまが故郷に帰ってきてよかったと思えるよう、引き続きできるかぎりの支援をしていきたい」と述べ、福島の復興に取り組んでいく考えを強調しました。

また、小渕大臣は地元の自治体が要請している福島第二原発の廃炉について、あくまで事業者が決断するものだとしたうえで、「福島の皆さまの気持ちを考えると、再稼働は大変難しい。東京電力も十分に分かっているのではないかと思う」と述べました。

全文は経産相「福島第二原発の再稼働難しい」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


Edison: San Onofre Nuclear Clean-Up Will Cost $4.4 Billion via KPBS

Decommissioning of the idled San Onofre Nuclear Generating Station in northern San Diego County will cost an estimated $4.4 billion, according to a plan submitted Tuesday by majority owner Southern California Edison.

The plan, summed up in three documents submitted to the Nuclear Regulatory Commission, envisions major decommissioning work to begin in early 2016. The documents include a decommissioning plan, a cost estimate and how to manage spent fuel.
[...]
The project cost includes physical dismantlement of San Onofre Units 2 and 3 within 20 years, managing and storing the used nuclear fuel until it is accepted by the U.S. Department of Energy, and restoring the site for future use, subject to an easement agreement with the U.S. Navy, which owns the land.

The decommissioning trust funds established by San Onofre’s owners currently total about $4.1 billion, according to Edison. Based on the updated cost estimate, anticipated cost escalation and future trust fund earnings, SCE said it believes the San Onofre decommissioning is fully funded and no further customer contributions will be required at this time.

Any unused funds will be returned to customers at the end of decommissioning.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , .


大成建設、「水の壁」で被ばく防ぐ作業現場用仮設壁を開発-放射線を約90%遮蔽 via 日刊工業新聞

大成建設は放射性廃棄物の分別や減容化処理など中間貯蔵にかかわる作業現場で、休憩時に作業員を放射線被ばくから守る仮設壁「簡易型放射線遮蔽体」を開発した。
[...]
放射線に対する作業員の安全確保策として、水が持つ放射線遮蔽効果に注目し、建設作業員が仮設足場などで使い慣れている単管パイプと水袋を組み合わせる“水の壁”を考案した。設置、解体が容易で、水を抜けば現場の状況に応じたユニット移設も難なく行える。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


広島で来年に非核「賢人会議」 原爆投下70年で初開催 via 中日新聞

【ニューヨーク共同】政府が、核爆発を伴う核実験禁止を目指す包括的核実験禁止条約機構の「賢人会議」を、来年後半に被爆地・広島で初めて開催する方向で調整していることが24日分かった。岸田文雄外相が26日(日本時間27日)、国連の関連会合で演説し、開催への意欲を表明する。政府関係者が明らかにした。原爆投下から70年を迎える来年に向け、核軍縮の取り組みを国際社会にアピールする狙いがある。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


原発再稼働、100%安全確保されない限り行わず=安倍首相 via International Buisness Times

安倍晋三首相は22日、原子力発電所の再稼働について、安全が再び100パーセント確保されない限り、行わない方針を示した。

国連総会の合間に行われたワールド・リーダーズ・フォーラムで述べた。

(略)

原発に関しては、安全が確立された場合に限り、再稼働するとの考えを示した。

全文は原発再稼働、100%安全確保されない限り行わず=安倍首相

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


[原発支援策] 自由化に逆行している via 南日本新聞

電力小売りの全面自由化を2年後に控え、政府が原発支援策に乗り出した。なぜ原発を特別扱いするのか。明確な説明もないまま、自由化に逆行する動きは到底容認できない。

経済産業省は先月下旬、原発で発電した電気の価格保証制度を総合資源エネルギー調査会の原子力小委員会に提案した。自由化で電力の市場価格が保証価格より下がれば、消費者が払う電気料金で穴埋めするのが制度の趣旨だ。

電力各社は全面自由化が進むと原発維持が難しいと訴えていた。価格保証は業界の要望に応えたものだが、「原発は安価」としてきた従来の政府説明を自ら否定するに等しい。

保証する価格には廃炉や使用済み核燃料の処分費用も含まれる。この新制度があれば、完全自由化後も原発の新増設や建て替えがしやすくなる。

(略)

脱原発を支持する国民は多い。新たな原発コストを押しつける前に国民的合意を得るのが筋だ。

政府は核燃料サイクル事業でも国の関与を強める考えだ。今月中旬、原子力小委で本格的議論を始めた日本原燃(青森県六ケ所村)の認可法人化である。

日本原燃は電力各社が出資し、使用済み核燃料の再利用事業を担う。だが、原発事故で各社の経営は悪化し、再処理工場の安全対策強化で追加投資を求められる可能性も出てきた。

株式会社から認可法人へ衣替えし、電力自由化で一層重荷になりそうな日本原燃の延命を図ろうというのだろう。

全文は[原発支援策] 自由化に逆行している

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


Akira Mizubayashi : “Le gouvernement japonais minimise Fukushima le plus possible” via metro news

ESSAI – Universitaire et professeur de français à l’université de Tokyo, Akira Mizubayashi dénonce dans son “Petit éloge de l’errance” (Folio/Gallimard) l’irresponsabilité du gouvernement japonais face à la catastrophe de Fukushima, entre souvenirs personnels et évocations artistiques.

Akira Mizubayashi écrit directement en français. Photo : HELIE GALLIMARD

“Mon épouse m’a dit : tu es allé un peu trop loin, tu ne t’inquiètes pas ?” Non, Akira Mizubayashi n’est pas inquiet. Cet élégant professeur, qui parle français sans le moindre accent, a ressenti l’urgence de dire ce qui cloche au japon. Osé, dans un pays où les gens n’expriment jamais frontalement leurs désaccords. Or Akira Mizubayashi a pour arme la langue française, qu’il enseigne et dans laquelle il écrit merveilleusement. Son dernier livre, Petit éloge de l’errance, offre sans intermédiaire le regard rare, à la fois révolté et sensible, d’un Japonais sur l’après-Fukushima.

Des manifestations inédites au Japon

“J’ai voulu comprendre pourquoi ce pays ne change pas, pourquoi il n’y a pas de prise de conscience citoyenne au Japon, explique Akira Mizubayashi. Pourtant, un début de contestation a bien eu lieu : « Tous les vendredis soirs, il y a un rassemblement devant la résidence du Premier ministre. Il y a deux ans, on a dénombré 200 000 personnes, du jamais-vu. Les manifestations sont très mal vues au Japon depuis les mouvements de protestation étudiantes qui étaient devenues très violentes. Depuis, y participer, c’est être un peu extrémiste. Déjà, s’intéresser à la politique est extrémiste !”

Le gouvernement japonais veut reléguer Fukushima dans l’oubli

Après Fukushima, Akira Mizubayashi a passé une année sabbatique en France et suivi l’actualité en position d’observateur. De retour au Japon, ce qu’il a vu l’a accablé. “La volonté du pouvoir, c’est de minimiser les conséquences, et Fukushima s’efface peu à peu de la mémoire. Comment est-ce possible aujourd’hui, malgré Hiroshima et Nagasaki ? Il n’y a même pas de débat national pour décider si le Japon peut sortir du nucléaire, le gouvernement veut relancer toutes les centrales et en revendre à l’étranger, alors qu’il y a toujours 150 000 personnes qui ont tout perdu.”

Continue reading at Akira Mizubayashi : “Le gouvernement japonais minimise Fukushima le plus possible”

Posted in Français.

Tagged with , , , , , .


除染:文化財に手を出せず 修学旅行客減 岩手・平泉 via 毎日新聞

 金色堂で知られる中尊寺、浄土庭園が見事な毛越寺があり、東北の代表的観光地の岩手県平泉町。年間200万人以上訪れるが、東京電力福島第1原発事故による放射能汚染は、北へ180キロ離れたこの地にも影を落としている。

 平安時代に栄華を誇った奥州藤原氏によるこれら寺院や遺構は、東日本大震災3カ月後の2011年6月、「平泉」として世界文化遺産に登録された。これを契機に、一層の観光振興に取り組んでいた同12月、平泉町は空間放射線量が毎時0.23マイクロシーベルト以上の「汚染状況重点調査地域」に指定され、水を差される形となった。

 世界遺産に含まれる国指定特別史跡「観自在王院跡」で12年6月に計測された線量は毎時0.30マイクロシーベルト。対策を急がなければ客足に影響する。除染のため、町が文化庁に「表土ごと芝生をはぎ取りたい」と相談すると、「文化財を傷つけるなんてとんでもない」と回答された。結局、除染に手を着けられなかったが、史跡内の線量は雨などで自然に低下し、13年10月には毎時0.16マイクロシーベルトになった。
[...]
「平泉には長年の付き合いがあって心苦しいが、線量に不安を抱く保護者も多く、配慮せざるを得ない」。修学旅行をとりやめた札幌市立中学校の教頭は明かす。

 町は地元観光協会や県と連携し、札幌市の中学、高校や旅行会社を回り「安全」をアピールするが風評被害を払拭(ふっしょく)できていない。

 中尊寺参道前の土産物店「平泉観光レストセンター」の小野寺仁専務は「長く平泉をひいきにしてもらうため、中高生が訪れて、良さを知ってもらうのが重要なのだが」と嘆く。【春増翔太】

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


東日本大震災:福島第1原発事故 放射能に負けぬ 登米の有機循環農家・佐々木徳久さん、汚染堆肥と稲わら抱え /宮城 via 毎日新聞

登米市南方町の佐々木徳久(のりひさ)さん(52)は、25ヘクタールの水田と110頭の和牛肥育を手がける耕畜連結の有機循環農業者。東京電力福島第1原発事故による放射性セシウムに汚染された稲わらと牛ふん堆肥(たいひ)を抱え、指定廃棄物最終処分場問題の行方を注視しながら営農に励む。

 佐々木さんは原発事故後の2011年3〜4月、汚染を知らずに田んぼから回収した稲わらを飼料として牛に与えた。その後の測定で稲わらは1キロ当たり8000ベクレル超、堆肥は暫定許容値の同400ベクレル超の汚染と判明した。

 堆肥は農水省の通知で「使用可能レベル」とされたが、佐々木さんは「自分の手で汚染を耕作地に広げるわけにはいかない」と、まかずに牛舎裏手にある堆肥舎で保管を続ける。その量は約500立方メートルで、堆肥舎の大半を占有。さらに、適当な牧草地の一角に別に臨時堆肥場を設けた。時間と手間が余計にかかるが、年間で300トン必要な堆肥づくりを欠かすわけにはいかない。

 汚染稲わらは指定廃棄物に認定され、近隣農家分と合わせ計180トンを、県と市で設置した一時保管庫に収めた。これも牛舎から遠くない。

[...]
佐々木さんが有機農業に取り組んだのは1996年。知人農家の子どもがアトピーやぜんそくに苦しむ姿に農薬の影響があるとみて、有機に転換した。

 まもなく開始される見込みの栗原、加美、大和3市町の最終処分場候補地に対する現地詳細調査について、佐々木さんは「汚染度の薄い地域同士が、処分場の一番の適地はどこかという選別にさらされている」と感じ、こう訴える。

 「住民の帰還が不可能と明らかになってきた福島第1原発の敷地で集中保管を、と言ってはいけないのだろうか」【小原博人】

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .