Skip to content


原発ゼロ1年 (上) 議論なき再稼働に危機感 環境エネルギー政策研究所長・飯田哲也さん via 神奈川新聞

(抜粋)

太陽光発電システムも13年の1年間で原発約10基分に当たる約700万キロワット分が設置され、この1年でおよそ倍増した計算だ。飯田さんが続け る。「『日が陰ると発電量が下がる太陽光は当てにならない』と言われるが、日本全国に雲がかかることはないということを考えれば、広範囲に大量に設置する ことで、十分にピークを補う電力になる」

喧伝(けんでん)された電力不足の懸念も、需要量が急増する夏場のごく限られた時 間帯にすぎない。太陽が照りつけ、気温が上がる7~8月の午後1~4時は太陽光発電の能力が最大化される時間帯とも重なっている。今夏(7~8月)の実績 をみても、東電が「やや厳しい」と位置付ける使用率90%を超えた日は8日間で、「厳しい」とする95%を超えることはなかった。

それでも政府、経済界は原発の再稼働への動きをやめない。飯田さんは「冷静な議論がなされていない」と危機感を抱いている一人だ。

国は電力会社に対し、「再稼働か、倒産か」の二者択一を迫り、電力会社は消費者に「再稼働か、電気料金引き上げ」を選べと詰め寄る。経済界は電気料金が上がり利益が目減りするのを恐れ、再稼働しかないと思い込む。

「本来なら、住民避難や損害賠償、技術審査基準、老朽化原発の廃炉計画、核燃料廃棄物の処理など再稼働の前に合意しておかなければならないことが数多くある」

九州電力川内原発(鹿児島県)は原子力規制委員会が規制基準への適合を認め、政府も原子力防災会議を開き、再稼働への手続きが進む。10月にも地元自治体の同意を得て政府が判断を下し、早ければ年明けにも再稼働される見通しだ。

「再稼働一辺倒の議論のまま川内原発が動きだせば、必要な議論が抜け落ちたままそれ以外の原発も動きだす」と危機感を募らせる飯田さんは再稼働を前提に、廃炉まで見据えた一時的な稼働を議論すべきだと提案する。

止まらない再稼働の流れを前にした妥協にも映るが、「放射性物質で汚染され、いまも人が住めない地域があり、19万人が仮設に暮らしている現実がある」。

何より飯田さんはエネルギー政策の転換は避けられない、とみている。

(略)

いいだ・てつなり 1983年京都大大学院工学研究科原子核工学専攻修士課程修了、神戸製鋼入社。電力中央研究所出向を経て32歳のときスウェーデンへ留 学、ルンド大学環境エネルギーシステム研究所客員研究員。2000年環境エネルギー政策研究所を設立。環境省の中央環境審議会、経産相諮問機関の総合資源 エネルギー調査会などの委員を歴任。55歳。

全文は原発ゼロ1年 (上) 議論なき再稼働に危機感 環境エネルギー政策研究所長・飯田哲也さん

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , , .


クローズアップ2014:原発ADR 東電、和解案拒否 揺らぐ賠償指針 via 毎日新聞

東京電力福島第1原発事故で、国の原子力損害賠償紛争審査会が定めた損害賠償の指針が揺らいでいる。避難を余儀なくされた住民たちが申し立てた原子力損害賠償紛争解決センターの和解仲介手続き(原発ADR)では、指針策定時には十分考慮されなかった被害が認定される傾向が強まり、東電側が和解案を拒否するケースも出始めた。避難自治体のまちづくりの方向性にも影響を及ぼす可能性もあり、専門家らは「実態に応じた新たな指針が必要」と指摘する。【深津誠】
[...]

◇浪江、2年で186億円増

 「原発事故で避難した福島県浪江町民1万5546人の2、3年目の精神的損害については、月10万円の賠償額を5万円ずつ増額する」。今年3月、同町が代理人となって申し立てた原発ADRの和解案は、国の紛争審査会が「2011年9月以降は避難生活も落ちつき始めるため、月10万円から減額するのが目安」と記した賠償の中間指針とは対照的な結論だった。

 避難2、3年目の2年分で少なくとも約186億円も賠償額が増える計算になる和解案。東電は今年1月に表明した「和解案を尊重する」との「誓い」をかなぐり捨てて拒否した。さらに、飯舘村蕨平(わらびだいら)地区住民への被ばく慰謝料や精神的賠償の一括払いの和解案も拒否するなど拒否継続事例は計9件に上っている。

 その背景には、国の指針以上の賠償責任が定着することへの警戒感があるとみられる。浪江町の和解案が大熊、双葉、富岡の各町など同様の被害を受けた自治体に波及すれば、支払額は総額1000億円以上も増えてしまうのだ。東電が提出した和解案拒否の文面には「申立人ごとの個別事情を考慮せず、指針と乖離(かいり)している」「(指針に基づいて賠償した)他の避難対象者に対する公平性、透明性の面で影響が極めて大きい」など、指針へのこだわりに加え、ADRの集団請求そのものの否定につながる主張まで並んだ。

 なぜ、指針と異なる和解案が示されるようになったのか。「当初は机上の交通整理だったのが、現地を見て被災者と意見交換することで、肌で感じる部分があったと思いますね」。馬場有・浪江町長はこう振り返る。

もっと読む。
東日本大震災:福島第1原発事故 原発ADR、東電が和解案9件拒否 長期避難で賠償拡大

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


Let’s Bury King C.O.N.G. at People’s Climate March via Reader Supported News

By Harvey Wasserman

bove all, the worldwide People’s Climate March on Sept. 21 must bury King C.O.N.G.: Coal, Oil, Nukes and Gas.

Which also means abolishing corporate personhood and saving the internet.

The fossil/nuclear corporations have been given human rights but no human responsibilities. They’re about to gut our most crucial means of communication.

They’re programmed to do just one thing: make money. If they can profit from killing us all, they will.

Ironically, we now have the technological power to get to Solartopia—a socially just, green-powered planet.

But our political, economic and industrial institutions answer to Big Money, not to us or the Earth.

On Sept. 21 some of us will carry to the UN a petition with more than 150,000 signatures, demanding that Fukushima be turned over to a global authority.

This petition was personally delivered to UN Secretary-General Ban Ki-Moon last Nov. 7. We’ve never gotten a response.

Meanwhile, Tokyo Electric Power makes huge profits from the “clean-up” at Fukushima. It’s turned much of the labor force over to organized crime. And more than 300 tons of radioactive liquid still pour into the Pacific every day, while downwind children suffer a 40-times-normal thyroid cancer rate.

A powerful new insider report says another Fukushima could easily occur at California’s Diablo Canyon, surrounded by FIVE known earthquake faults. Similar dangers plague other reactors worldwide.

Nuclear power makes global warming worse.

So do coal, oil and gas.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , , , , , .


Fukushima: Trouble in Mushi Mushi Land via Aljazeera

Japan’s beetle kingdom tries to recover from the nuclear disaster

[...]

Image problem

Mushi Mushi Land is no Mount Fuji. It never drew a fraction of the tourists popular Fukushima destinations like Aizu-Wakamatsu, known as Samurai City, once did. But the tableau here is emblematic of what’s happened all over Fukushima prefecture, as tourist destinations struggle to entice visitors back. At the amusement park, barricade tape now blocks off the bumblebee seesaw, the rusting butterfly rollercoaster and the cars shaped like rhinoceros beetles. The park sits outside the mandatory evacuation zone, but it did not emerge unscathed. Thousands of pounds of irradiated soil scraped from the premises sit under a black tarp along the road, awaiting permanent disposal.

After the Fukushima Daiichi disaster, the Miyakoji district — the portion of Tamura closest to the plant — was within the mandatory evacuation zone. (The advisory was lifted last April, making it the first place in Fukushima where evacuees were allowed to return home.) Radiation readings were high in other areas of Tamura as well, exceeding the Japanese government’s target ambient radiation level of 0.23 microsieverts per hour. Decontaminating Mushi Mushi Land was not high on the local government’s priority list. So Yoshida and other employees, along with many volunteers, did it themselves. Yoshida says they removed about two inches of soil and leaf litter from any areas where children might play. They scraped moss off tree roots, removed bark and trimmed portions of trees with high radiation readings. A 65-foot radius of forest surrounding the beetle petting zoo was scraped clean.

[...]

The beetle petting zoo — which has reopened, though the amusement park has not — drew just 9,800 visitors last year, nearly all from Fukushima prefecture. Mushi Mushi Land once paid local farmers 30 yen — about 30 cents — per beetle larva and bought as many as 70,000 a year. Eleventh-generation farmer Yoshiteru Watanabe took in about $300 a year from the larvae. “My mother collected them and packed them and brought them to the company,” he says. “It was pocket money. But she was very happy.”

Collecting the fallen leaves where beetles like to lay their eggs is now forbidden because the forests have not been decontaminated. Local farmers must use commercial compost (beetles not included). Mushi Mushi Land now buys beetle larvae from mushroom farmers in Nihonmatsu, a city to the northwest. “These are large-scale farms. Just one farmer can give us 7,000 or 8,000 larvae,” Yoshida says. “But our original intention, to benefit Tamura, is over.”

Beetle larvae are the least of Fukushima farmers’ problems. The prefecture was once known for its rice, produce and seafood. More than three years after the disaster, some nations still ban the import of products from Fukushima and many Japanese remain wary of purchasing food produced in the prefecture.

[...]

Reports from both the World Health Organization and the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation support the prefecture’s safety claims. They conclude that any radiation-induced effects of the 2011 accident on residents of Fukushima outside the most contaminated areas would be too small to identify. (By these standards, visitors run hardly any risk at all.)

But little is known about the health effects of long-term exposure to low levels of radiation. And a few worrisome patterns have emerged. Doctors in Fukushima have found higher than normal rates of thyroid cancer in children. (Skeptics say this is simply the result of better monitoring.) And several studies on wild animals in Fukushima — including birds, butterflies and monkeys — suggest that radiation is already having significant impacts on some species.

Some people feel that the government’s radiation measurements themselves are inadequate. Safecast — a nonprofit formed after the Fukushima Daiichi accident for the purpose of gathering more detailed radiation data — uses crowdsourcing to fill the gaps. “Radiation levels can fluctuate in very short distances, so that simply crossing a street can sometimes yield dramatically different readings,” notes Safecast’s website. By arming hundreds of citizens with radiation-reading devices, Safecast has created a much more detailed map of radiation dispersal from the Fukushima Daiichi plant.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


「多摩川に捨てたらいいんじゃないのか」 除染の汚染水を住民に無断で排水 飯舘住民抗議 via 産経ニュース

 「問題なく安全だというなら多摩川(山梨、東京、神奈川)とか自分の家の近くの川に持っていって流せばいいんじゃないのか。いつも後になって説明するなんて住民をばかにしている」

東京電力福島第1原発事故の被害で全村避難が続いている福島県飯舘村の帰還困難区域「長泥地区」の住民らが、除染作業をめぐって環境省への怒りを爆発させた。

近隣にも下流住民にも事前の説明せず

問題は、8月に長泥地区の墓地の除染作業で出た廃棄物を置いていた「仮仮置き場」の撤去作業で起きた。「フレコンバッグ」と呼ばれる除染廃棄物を入れた黒 い袋を移動させる際にしみ出た放射性物質を含む廃水を村や住民に事前に説明なく近くの比曽川に流していたのだ。住民らが仮仮置き場からホースのようなもの を通して川に勢いよく流れる廃水を発見し、不審に思って連絡したことがきっかけで発覚した。

環境省福島環境再生事務所によると、廃水は濾 過(ろか)して測定し基準値以下であることを確認して放流していたという。本来ならタンクや集水マスから側溝を通して排水するものを直接川に流していた。 基準値は「放射性物質汚染対策特別措置法」を基にしたというが、除染廃棄物から出た廃水については特措法でも明確に定められていない。そのため、住民への 報告なども義務づけられておらず、説明は行われなかった。

(略)

また、地元の飯舘村だけではなく下流の南相馬市の住民らにも知らせておらず、放射性物質を含む廃水の処理がひっそりと行われていた。

説明会では、これまでに何度も問題が発覚した後に後付けの説明と謝罪がされていることに対する批判が相次いだ。住民の一人は「謝るだけでいいんだから簡単だよなあ」とあきれていた。

「地区で処理するしかない」

長泥地区の鴫原良友区長は環境省のこうした姿勢を批判しながらも、結局はどこにも持っていくことができず、地元で受け入れるしかないと住民らに理解を求め た。「できることなら他のところへ持っていってもらいたいが、長泥地区の除染で出た廃水なので長泥地区で処理するしかないのは理解せざるを得ない」とした 上で、「問題が起きても後から説明して謝るだけならまたこういうことが繰り返される」と話した。

同事務所は「今後は住民に不安を抱かせないよう事前に説明するようにしたい」としている。

今回だけの出来事ではなく積もり積もった不信感はぬぐい去ることはできない。先週、自宅の除染を行う除染作業員の思いを記事にしたばかりだったのでなんともやるせない気持ちになった。(大渡美咲)

全文は「多摩川に捨てたらいいんじゃないのか」 除染の汚染水を住民に無断で排水 飯舘住民抗議

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


吉田調書、柏崎原発の集中立地懸念 via 新潟日報

政府は11日、東京電力福島第1原発事故をめぐり、政府の事故調査・検証委員会が関係者から当時の状況を聞いた「聴取結果書(調書)」のうち、現場の指揮 を執った吉田昌郎元所長=昨年7月死去=や菅直人元首相ら計19人分を公開した。関係者を非公開で聴取した政府事故調の調書が公開されるのは初めて。

政府の事故調査・検証委員会の聴取に対し、吉田昌郎元所長は柏崎刈羽原発に全7基の原子炉が集中立地していることや、東電社員らの事故対応能力に懸念を示していた。

吉田氏は、全6基を備えた福島第1原発の事故対応について触れながら「会社(東電)はずっと集中立地をしてきた。福島第2(原発)のように(原子炉が)4つぐらいでこぢんまりやっているのが運用上も一番楽なんです」と答えた。

その上で、中越沖地震で変圧器火災が発生するなど広範囲に被災した柏崎刈羽原発のケースに言及し「6個、7個となってくると、大混乱になりました」と振り返った。多数の原子炉を備えた原発で、電源が一度に失われた場合は「大変なことになる」と話した。

続きは吉田調書、柏崎原発の集中立地懸念

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


「勝ったのは自民党でなく官僚」という現実と福島県知事選 via Huffington Post

甲状腺被曝や除染問題などの番組制作に力を入れて来た報道ステーションのディレクター岩路真樹氏が自宅で亡くなっているところを発見され、状況から、警察は練炭自殺と判断したそうです。

さまざまな圧力に抗してあんな番組を作り続けることは簡単ではなかったと思います。とても惜しい人を亡くしました。

岩路氏のご冥福を祈る意味でも、彼が自民党の参院選での圧勝後に書いた「勝ったのは自民党ではなく官僚」というブログエントリーを紹介します。ぜひともお読みください。

岩路氏は、このブログエントリーに、「僕の妄想」という注意書きを添えて、以下のような文章を書いています。

圧倒的な民意を得て民主党政権が誕生したとき色々な方から「官僚は本当に危機感を覚えている」と聞きました。

彼らはサボタージュ、密告、アメリカへのご注進、でっち上げ、情報操作…さまざまな手を使って、その時の中心人物である鳩山由紀夫氏と小沢一郎氏を権力の座から引きずり降ろしました。

その状況を間近で見ていた菅直人氏は官僚を敵に回すと自分も同じ目にあうと感じました。そこで官僚のご機嫌をとるために「消費税増税」を言いだします。

私は、ちょうどその時期に菅直人氏と話す機会がありましたが、まさに「官僚が言うことを聞いてくれない」「官僚がサボタージュすると国が運営できない」と嘆いていました。

菅直人氏は首相として、福島第一の事故の後、「浜岡原発の停止」「ストレステストの必要性」「脱原発」という政治家として明確な方向性を出しましたが、官僚からの反発は大変なものがあったそうです。

そ の後まもなく菅直人氏は政権の座から引きずりおろされますが、それは官僚の意思に逆らって脱原発を言い出したからだ、という岩路氏の推察はかなり正しいと 思いますが、「私に辞めて欲しいなら太陽発電の固定価格買い取り制度を通せ」と政治生命を賭けてあの法律を通した菅直人はもっと高く評価されても良いと思 います。

続きは「勝ったのは自民党でなく官僚」という現実と福島県知事選

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


福島)除染目標「0.23」変えず 郡山や福島市など via 朝日新聞

 環境省が8月に発表した市町村除染に関する新方針について、郡山市は11日、従来の除染目標である空間放射線量「毎時0・23マイクロシーベルト」を堅持すると表明した。福島市なども堅持を表明している。環境省の新方針は、各住民が実際に浴びる個人線量の重視を打ち出したが、実現が困難な実態が明らかになった。

 環境省の新方針は、郡山や福島、相馬、伊達の4市との勉強会の中間報告としてまとめられた。県内の多くの市町村が、国の長期目標である「個人の追加被曝(ひばく)線量年1ミリシーベルト」を一定の条件で空間線量に換算した0・23マイクロシーベルトを除染目標に掲げている。これに対し環境省は新方針で、個人の被曝線量は行動パターンの違いで差が大きいとし、個人ごとの線量の把握が重要と強調した。

 しかし、郡山市議会で11日、市の除染目標をただした橋本憲幸議員(共産)に対し、吉田正美生活環境部長は「今まで同様、市の除染実施計画に基づき、毎時0・23マイクロシーベルトを超える場所を適切に除染する」と回答。「市内全域の追加被曝線量を長期的に1ミリシーベルト(高さ1メートルでの空間線量毎時0・23マイクロシーベルト)未満とすることを目指す」との計画に変更はないとした。
環境省の新方針が実施されない一因は、「個人線量重視」としながら、どこまで除染するかの判断が自治体任せなうえ、除染の現場で測定できる空間線量に置き換えた具体的な数値目標を新方針が示していない点にあるとみられる。ある自治体の担当者は「すでに3年近く除染してきた。途中で目標を変更するのは、住民の自治体に対する信頼や公平感を損なう恐れがある。国が明確な(空間線量の)数値目標を示さない限り変更は難しい」と話す。(増田洋一、大岩ゆり)

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


No nukes are good nukes: former Japanese PM’s advice to Ireland via thejournal.ie

THE JAPANESE LEADER who was in charge of pick up the pieces after the Fukushima reactor disaster has warned Ireland against following in his country’s nuclear footsteps.
Former prime minister Naoto Kan today told a panel of Irish energy-industry heavy hitters that nuclear power should be consigned to the history books within a few generations.
“I think, before the end of this century, nuclear power plants are going to go away from the surface of the globe,” he said through an interpreter.
“We should not think any more about (nuclear disasters) not happening, but when they happen how many people will suffer.”
[...]
A 2013 TheJounal.ie poll revealed 45% of readers were against Ireland considering nuclear power, while 34% liked the idea.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .


Ferguson – Fukushima – Financial Crisis via Counterpunch

By Peter Linebaugh

In Ferguson Michael Brown a young man, age eighteen, was shot eight times while he walked down the middle of the street. That is indubitable. Here’s a spin on it. The earth, including the street, is “the common treasury of mankind” as the Diggers and Gerrard Winstanley said in 1649. As a moment in the sun Michael Brown walked down the middle of the street in youthful glory.

Whose streets? Our streets.

Michael Brown wore a cap; it was red. That is true and backed up by evidence available to all. Here’s a spin on that. Since Roman times the red cap has been the cap of liberty, the sign of the manumitted slave. You see the cap on the first coinage of the USA. It was the cap of liberté, égalité, and fraternité during the French Revolution. It is on the Haitian flag.

I do not say that Michael Brown was a Jacobin revolutionary or a Digger of the commons. Those are interpretations of the significance of his assassination. I read them as signs of the times.

I thought of Ferguson and Fukushima and the Financial Crisis as several big branches of the capitalist system but it’s hard to see how they are connected. That’s why we call it a system. There is a big suck from Ferguson to Fukushima to Wall Street. The “convenience store” is but a tiny particle in that suck of “the fruits of earth” from the Ninety-Nine to the One Per Cent. As an historian I find that it’s sometimes easier to understand the mutual re-inforcements of disparate elements in rendering
stopthiefprofit, interest, rent to the great possessioners or the One Per Cent by returning to the origins of those elements.

The structures of racial slavery (Ferguson), the steam engine (Fukushima), and the enclosures (Financial Crisis) did not actually originate in 1802 but that is one of the years when people tried to put a stop to them.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , , , .