Skip to content


福島の工事関係者が告発「手抜き除染を行い復興費が消えた」via News ポストセブン

予算は4年で1兆4000億円──。今、福島県を中心に莫大な税金が投入されて除染作業が進められている。住宅の屋根や壁、道路の舗装の表面を高圧 洗浄したり、表面の土を削ったりして放射線量を下げることが目的だ。ところが今回、本誌は作業を請け負う業者が「手抜き除染」を行なっているという情報を 得た。

問題になっている工区は福島・郡山市の中心部から数キロ南の住宅地や農地が広がる地域。郡山市が発注し、中堅ゼネコンが元請けとして受注、昨年末から今夏にかけて下請け業者が実際の作業を行なっていた。工事関係者が告発する。

「市の発注内容は『放射線量を半分以下にする』というものだった。線量を測りながら作業し、たとえば毎時0.5マイクロシーベルトの場所であれば、0.25マイクロシーベルト以下に落とせば作業完了。

だが、工事が始まると元請けゼネコンが下請けに“線量が半分以下にならなくても、土の表面を5cm削るだけでいい”と指示した。線量が高い地域では5cmでは足りないのだが、それ以上表面を削ると労力も時間もかかるので、手抜きを指示したのだろう」

さらにこのゼネコンは“線量がそれほど高くない舗装道路は高圧洗浄などの作業をしなくていい”とも指示したという。

続きは福島の工事関係者が告発「手抜き除染を行い復興費が消えた」

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.