Skip to content


福島県産米 輸出再開を正式発表 via NHK News Web

JA全農=全国農業協同組合連合会は、原発事故以降、海外に輸出できなくなっていた福島県産のコメについて、安全性への理解が得られたシンガポールに向けて、今月から輸出を再開すると18日正式に発表しました。

発表によりますと、JA全農は、福島県須賀川市で生産されたコシヒカリ300キロを、今月シンガポールに向けて輸出するということです。

(略)

JA全農では、輸出の再開を目指して、福島県産のコメは県の放射性物質の検査を受けているなど、各国に安全性をアピールしてきた結果、理解が得られたシンガポールに向けて、事故のあとに収穫されたコメとしては初めてとなる輸出の再開が決まりました。

コ メは今月22日からシンガポール市内の日系の高級スーパーで販売されるということですが、JA全農では、シンガポールのほかのスーパーやデパートにも福島 県産のコメの販売を要請するとともに、主要な輸出先だった香港などには引き続き安全性をアピールするなどして、原発事故の前の水準に輸出量を回復させたい としています。

全文は福島県産米 輸出再開を正式発表

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.