Skip to content


縮原発の見直し 困難に挑んでいくはずが via 西日本新聞

潜在成長力が低下した日本経済にとって今最も必要とされるものは何か。「挑戦」である。新たな成長分野を切り開く気概である。

そう考えると、経済同友会の方針転換はちょっと残念である。

同友会は2011年3月に起きた東日本大震災と東京電力福島第1原発事故を受け、同年7月に「縮原発」の考え方を打ち出した。

縮原発とは、中長期的に原子力発電への依存度を低下させていくことである。具体的には、老朽化した原発を順次廃炉とする一方、再生エネルギーの推進を図る。

ただ、すぐに方向転換はできないから、当面は安全が確認された原発の再稼働は進めるとした。

同友会は今月、3年前に掲げた縮原発を再検討すると表明した。

(略)

困難な課題への挑戦を通じて、世界的なエネルギー、気候変動問題の解決に積極的に貢献する国を目指す-。提言は志が高いと思ったが、もう息切れしてきたか。

全文は 縮原発の見直し 困難に挑んでいくはずが

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.