Skip to content


川内原発:規制委合格に政党…歓迎、容認、あいまい、反対 via 毎日新聞

九州電力川内原発が 再稼働する見通しになったことを受け、与野党では賛否が交錯した。13日投開票の滋賀県知事選では、原発問題が与党候補敗因の一つになったが、再稼働が既 定路線の自民党内は歓迎ムード。野党も民主党と日本維新の会は容認姿勢を示した。共産、生活、社民の3党は再稼働に明確に反対する姿勢を示した。

「卒原発、脱原発はすぐにはできない。むしろ原発も安全に進めつつ、それに代わる新たな技術開発をするのが世界の標準だ」

自民党の原発推進派の代表格、細田博之幹事長代行は16日、東京都内のホテルで記者団にそう語り、滋賀での敗北は影響しないと強調した。

「原発ゼロ社会」を掲げる公明党も、当面の再稼働については「推進・反対を言わない」(関係者)と容認する構えだ。

一方、野党は▽再稼働容認派▽あいまい派▽反対派−−の三つに割れた。

(略)

これに対し、共産党は「新規制基準に福島原発の教訓が反映されていない」、生活の党は「国民の生命を危機にさらし続ける。脱原発に政策を転換すべきだ」として、再稼働に反対するコメントを発表した。  社民党の吉田忠智党首は記者会見で、「原発事故の検証ができていない。避難対策や防災対策も机上の空論で、周辺住民の安全確保がとられていない」と述べ、再稼働方針の撤回を求めた。

全文は川内原発:規制委合格に政党…歓迎、容認、あいまい、反対

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.