Skip to content


原発作業員に熱中症相次ぐ 福島第一への支援活動も始まる via Huffington Post

5月から厳しい暑さが続いた福島第一原子力発電所で、早くも熱中症になる作業員が相次いでいる。2013年度は6月は熱中症患者は一人も出なかったのに対し、2014年度は6月27日の時点で、疑いのある人も含めて既に5人発生。東電は、7月から午後2〜5時の時間帯は屋外での作業を原則的に禁止にするなど、熱中症対策を強化している。

しかし、2013年度も7月9日に熱中症を訴える作業員が出たのを皮切りに、10月までに18人にまで増加した。これからの暑い季節、作業環境はさらに過酷になることが予想される。

屋 外での肉体労働が殆どを占める福島第一原発は、指定エリア以外では全面マスクに完全防護服が基本だ。しかし、気密性が高く作業服の上に着なければならない 防護服は、暑さを倍増させ体力を奪う。粉塵が上がるような作業用冷風機も、汚染度が上がるため設置できない。東電はクールベストの貸出のほか、使い捨ての 下着を作業員に支給しているが、作業中は下着がびしょ濡れになる。

続きは原発作業員に熱中症相次ぐ 福島第一への支援活動も始まる

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.