Skip to content


世界の再生エネ17%増 日本の太陽光2倍超に 拡大順調と専門家組織 via msn.産経ニュース

2013年末の世界の再生可能エネルギーによる発電設備の容量は前年比約17%増の5億6千万キロワットに達したとする調査結果を、エネルギーの専 門家らでつくる「21世紀の再生可能エネルギーネットワーク」(REN21、本部ドイツ)がまとめた。日本の太陽光発電も容量が2倍以上になり「(12年 に導入された)固定価格買い取り制度の効果が表れた」と分析している。

REN21によると、昨年1年間で世界の太陽光発電が約1億キロ ワットから1億3800万キロワットに、風力発電は2億8300万キロワットから3億1800万キロワットに増えるなど順調に増加した。最も増えたのは中 国で、以下、米国、ブラジル、カナダ、ドイツの順。中国では、再生可能エネルギーの新設容量が、化石燃料や原子力の新設容量を初めて上回り、急増ぶりを印 象づけた。

(略)

再生可能エネルギーへの投資額でも中国の542億ドル、米国の339億ドルに次ぐ286億ドルで世界3位だった。

全文は世界の再生エネ17%増 日本の太陽光2倍超に 拡大順調と専門家組織

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.