Skip to content


長崎大が福島に新支援組織を設置 via 新潟日報モア

帰還住民に向け

長崎大(長崎市)は1日、東京電力福島第1原発事故からの復興を進める福島県を 健康、医療、福祉、教育面から支援する新組織「福島未来創造支援研究センター」を設置したと発表した。長崎大は事故直後から広島、長崎の被爆者医療の経験 を生かした支援を続けている。

(略)

センターは、住民に空間放射線量や被ばく線量の数値を説明したり、医学生や看護学生が放射能について学ぶ研修会を開いたりする。センター長には山下俊一副学長が就任した。

全文は長崎大が福島に新支援組織を設置

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    どんな「支援」をするのか、また「支援」が可能なのかは、記事からは読み取れませんが、広島/長崎のABCC(現RERF)が「治療」ではなくデータを集めただけのように、このセンターが単なるデータ集めに終始しないことを祈るのみです。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.