Skip to content


東日本大震災:福島の現状や放射能学ぶスクール 「ライフワークになるかも」 浜田真理子さん、2年目へ抱負 /島根 via 毎日新聞

◇松江市在住のミュージシャン

 東日本大震災による福島第1原発事故を受けて、松江市在住のミュージシャン、浜田真理子さん(49)が昨年スタートさせた勉強会「スクールMARIKO」が、今年も26日から始まる。福島の現状や放射能などについて学ぶスクール。2年目を迎え、浜田さんは「ライフワークになるかも」と語る。【岡村昌彦】
[...]
−−2年目以降もスクールは続けるのか。

 浜田 どんな形になるか約束はできないが、やろうと思う。ツアーでいろいろな地域を回ると、そういうこと(スクール)はやらない方がいいんじゃないか、と言われることもある。原発がない地域は気楽だなと思う。一方で、原発の現場にどっぷりいて仕事をしていたら、大丈夫だと思っちゃうだろうなということも分かってきた。ぶっちゃけた話、これはゆっくりやらないと早急には覆せないだろうと思う。じゃあ(スクールを)やめるのかと言われると、そうゆうことではない。これだけの犠牲を払って気づいたことはあるわけだから。

 −−どんなスタンスで続けるか。浜田 ちまちまと長くやりたい。そもそも私の音楽のスタンスが、ちまちまとやっているので(笑)。ひょっとしたらライフワークになるかもしれない。原発問題は、私が生きている間に解決しないかもしれないけど、だからってやらないというのもね。もう気づいちゃったしなと。知ってしまった以上は、今後も何かしらの形でやっていきたい気持ちでいる。

 −−参加者へのメッセージを。

 浜田 とにかく来ていただきたい。今まで考えもしなかったことを急に考えろと言われても大変だが、震災以降、何か考えないといけないんじゃないかな、という気持ちは誰にでもあると思う。被災地の人は困りすぎているけど、被災地以外の人はもう終わっている感じがする。どうせすぐに答えは出ないだろうから、一緒に困りましょうと。さんざん困ったら、何かいい考えをする人が出てくるかもしれない。自分で考え、動くことになればいいなと思う。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.