Skip to content


スペインに見習うべきは via 佐賀新聞

風力発電の印象は、太陽光の次にくる補助的なエネルギー源だろう。それがスペインでは昨年初めて原子力を追い抜き、最大の電力供給源になった。「ニュー ズウィーク日本版」がそう伝えている◆全発電量に占める割合は21・1%で原子力をわずかに上回った。以下は石炭火力、水力と続く。風力によって温暖化ガ スの排出削減とエネルギーの国外依存度を下げることに成功。ドン・キホーテが怪物と思って立ち向かった風車は、今や希望の星になっている◆世界風力エネル ギー会議の報告書によると、2012年の風力発電総設備容量のトップは中国。続いて米国、ドイツ、スペインの順で欧州諸国が上位に居並ぶ。日本はようやく 13位。スペインに見習うべきは、風土に合った再生可能エネルギーを選んだところ◆日本では化石燃料に9割方を依存しており、水力をはじめ風力、太陽光な どの活用はごく一部にとどまる。山間部ではバイオマス発電や木くずを固めて燃料に使うペレットストーブが注目されている。多様な試みを合わせ、自然エネル ギーの幹を太くできたらいい◆

続きはスペインに見習うべきは

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.