Skip to content


原発事故、がんへの影響小さい 住民被ばく分析、京大 via 47 News

東京電力福島第1原発事故の約1年半後に約2カ月間実施した周辺住 民約460人の被ばく調査データを分析したところ、生涯にがんにかかる確率が最も増えたのは福島県相馬市の1歳女児で、1・06ポイント上がったとの推計 結果が出たと、京都大や福島大などのチームが24日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。京大の小泉昭夫教授(環境衛生)は「被ばくで確率はわずか に増えたが、健康への影響は小さい」と話している。

続きは原発事故、がんへの影響小さい 住民被ばく分析、京大

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.