Skip to content


福島第一4号機プール冷却停止 掘削工事でケーブルに傷 via 朝日新聞

東京電力は25日、福島第一原発4号機の使用済み燃料プールで冷却が止まったと発表した。建屋近くで行っていた掘削工事の際に、電源ケーブルを過って傷つけたことで電気の供給が止まった可能性があり、調べている。東電は、25日午後にも電源を復旧させるとしている。現在、プール内の燃料を運び出す作業を中断している。

東電によると、25日午前9時40分ごろに、4号機の使用済み燃料プール冷却装置に送電する配電盤で漏電が起きているという警報が鳴った。同9時45分ごろには、プールの冷却装置が停止。傷つけたケーブルが発火し、消火器で消した。停止時のプールの水温は約13度で、東電は急激に上昇することはないとしている。

続きは福島第一4号機プール冷却停止 掘削工事でケーブルに傷

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.