Skip to content


タンクの汚染水あふれる…警報も「計器の故障」via Yomiuri online

 東京電力は20日、福島第一原子力発電所の「H6」というタンク群の1基(容量1000トン)から高濃度汚染水110トンがあふれ出したと発表した。

うち100トンがタンクを囲むせきの外に漏れたとみている。満水だったタンクに、配管の弁が開いて水がさらに注入されていたといい、人為ミスの可能性が高い。漏れた水からは、ベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり2億4000万ベクレル検出された。

東電によると、19日午後11時25分頃、タンクのふたと側面の継ぎ目付近から漏水し、雨どいを通じて周辺の地面に流れ落ちているのを、作業員が 発見した。同2時過ぎにタンク内の水位異常を示す警報が鳴ったが、タンクに異常が見つからず、水位計の故障と判断していたという。20日午前1時半に弁を 閉じ、同5時40分に水漏れが止まった。東電は「海への流出はない」と説明している。

続きはタンクの汚染水あふれる…警報も「計器の故障」

関連記事:福島第1原発汚染水漏れ 配管の弁が故障で開いていたため流出か via FNN ニュース

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.