Skip to content


福島で被ばく牛DNA調査 北里大と米大のグループ via 東京新聞

 北里大や米サウスカロライナ大などの研究グループは、東京電力福島第1原発事故で原発から半径20キロ圏に残された牛のDNAが、低線量被ばくで 損傷しているかどうかを調べる研究を始めた。19日に都内で開かれたシンポジウムで明らかにした。グループによると、今回の事故が家畜のDNAに与える影 響を調べるのは全国初とみられる。

(略)

線量計で積算被ばく量を測定、血液を採取してリンパ球の遺伝子が損傷しているかどうかを観察する。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.