Skip to content


福島第一原発、雪からセシウム検出 タンクの床ひび割れ via 朝日新聞

東京電力は11日、福島第一原発汚染水をためたタンクが置かれたコンクリート床2カ所にひびが入っていたと発表した。周囲には雪が積もっており、溶けてひびから地下に染み込んだ可能性があるという。東電が雪溶け水を調べたところ、セシウムストロンチウムが検出された。

ひびがあったのは、昨年8月に高濃度の汚染水300トンの漏れが見つかったタンク群の近く。

(略)

雪が溶けた水からはセシウムが1リットルあたり最大58ベクレルストロンチウムが同2100ベクレル検出された。東電によると、寒さでコンクリートにひびが入った可能性があるという。

全文は福島第一原発、雪からセシウム検出 タンクの床ひび割れ

関連記事:タンク群せき2カ所で亀裂=放射能汚染水貯蔵用-東電・福島第1 via 時事ドットコム

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.