Skip to content


菅原文太は“脱原発一本化の龍馬”になれるか via 東スポweb

坂本龍馬になるのは菅原文太か――。都知事選(9日投開票)は自民、公明党が推す舛添要一元厚労相(65)が大きくリードし、脱原発を訴える細川護熙元首 相(76)と日弁連前会長の宇都宮健児氏(67)が票を食い合い、共倒れ寸前だ。劣勢状況を受け、告示前に不調に終わっていた一本化の動きが、再び水面下 で進められている。そのためには反目する両陣営を説き伏せるキーマンが必要だ。

脱原発勢は分裂選挙に直面している。象徴的シーンとなっ たのは1月31日、細川氏支援を表明した著名人が集まった会見。俳優の菅原文太(80)、作家の瀬戸内寂聴さん(91)、作詞家の湯川れい子氏(78)、 作家のなかにし礼氏(75)の各氏が揃った。ほかにも女優の吉永小百合(68)、学者のドナルド・キーン氏(91)らが支援を表明している。

実はこの大半は前回の都知事選で宇都宮氏を支援していた面々。細川氏の出馬で脱原発候補の二者択一を迫られ、細川氏へと乗り換えたワケだ。作家の澤地久枝氏(83)は告示前に宇都宮氏へ降りるよう直談判していたことまで明かした。

「前回は宇都宮さんを支援したが、100万票取れなかった。一本化すれば舛添さんに勝てる。私は宇都宮さんに降りてもらって、細川さん一本にしてほしいとお願いした。宇都宮さんは副知事に担がれればいい」。だが、宇都宮氏はこれを拒否していた。

脱原発勢が諦め切れないのは世論調査の結果だ。舛添氏は独走状態で早くも勝負ありだが、細川氏と宇都宮氏の一本化が実現すれば、差が一気に縮まるどころか、逆転の可能性も見えてくる。脱原発支持者から「手を取り合ってほしい」と望まれるのは当然だ。

もっとも両陣営のミゾが深すぎるのも事実。宇都宮氏が「私の方が(細川氏より)実行力がある」と豪語すれば、細川氏は「脱原発を訴える比重が(宇都宮氏とは)違う。(一本化は)裏取引と思われたくない」と相いれない。

(略)

脱原発関係者はキーマンをこう指摘する。「参院選全国比例で17万票を集めたミュージシャンの三宅洋平氏や、山本太郎参院議員らは最後の最後ま で勝てる候補を見極めている。菅原文太さんも宇都宮、細川陣営双方とパイプが太い。坂本龍一さんもハッキリと支持を表明していませんので動向が注目されて いる」

週明けには脱原発グループ有志の最終提言も行われる見通しだ。

反目していた薩摩藩と長州藩が坂本龍馬の仲介で薩長同盟が結ばれ、倒幕へ向かったように“現代版龍馬”が現れるかがカギだ。

続きは菅原文太は“脱原発一本化の龍馬”になれるか

当サイト既出関連記事:【都知事選】細川氏、文太も応援!“仁義なき”著名人攻勢 via スポーツ報知

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.