Skip to content


政府、東電の再建計画を認定 柏崎刈羽「7月再稼働」via 朝日新聞

政府は、原子力損害賠償支援機構(原賠機構)を通じて東電株の過半数を保有し、実質的に国有化している。再建計画は、除染など福島第一原発事故の対応で東電を支援する前提になっており、政府と東電は一体となって原発の再稼働を進めていく。

 新たな再建計画は、東電と原賠機構が昨年末に政府に申請していた。認定された計画では、原子力規制委員会が審査している柏崎刈羽6、7号機の7~8月の再稼働をめざす。安全対策工事をしている1、5号機も15年2月までに動くと想定し、14年度は1677億円の経常黒字を見込む。

 6、7号機が計画通り再稼働できない場合、14年秋ごろまでに電気料金を最大10%値上げすることが必要とした。柏崎刈羽の再稼働をめぐっては、規制委の判断が出る見通しが立っていないほか、新潟県の泉田裕彦知事が反対している。値上げに踏み切れば、家庭向けは12年9月以来になる。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.