Skip to content


米で「太陽光発電」急拡大 世論後押し 価格低下 via msn.産経ニュース

米国で太陽光発電が急拡大している。オバマ政権のグリーンエネルギー推進政策が世論を喚起したことに加え、発電パネルなどの価格が普及に伴って低下し、一般住宅にも広く受け入れられた。

(略)

関連企業でつくる太陽光エネルギー産業協会(SEIA)によると、2013年7~9月期に米国で新たに導入された太陽光発電システムの容量は前年同期比35%増の930メガワット。これまでの累計設備容量は10ギガワット(1万メガワット)を超えた。

発電能力を州別にみるとカリフォルニア州が最も大きく、アリゾナ、ノースカロライナ、マサチューセッツ、ネバダの各州でも導入が進む。米エネルギー省は「40年までは毎年、伸び続けるだろう」としている。

全文は米で「太陽光発電」急拡大 世論後押し 価格低下

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.