Skip to content


家庭でも電力自由化 法案を通常国会へ via NHK News Web

政府は一般家庭でも電力の購入先を自由に選べるようにすることを盛り込んだ法案をことしの通常国会に提出することにしています。

政府は戦後60年以上続いてきた電力供給の仕組みを変える「電力システム改革」を進めることにしていて、先の臨時国会では改革の全体像を示した法律が成立しました。
第2段階として政府は再来年をめどに家庭でも電力の購入先を自由に選べるようにすることや電力会社が料金メニューを自由に設定できることなどを盛り込んだ電力の小売りを自由化するための法案をことしの通常国会に提出することにしています。
経済産業省によりますと自由化の対象となる契約はおよそ8400万件、市場規模は7兆5000億円に上り、競争の導入によって料金の値下がりが期待されるほか、携帯電話やインターネットなどと組み合わせた新しい料金の設定もできるようになります。

続きは家庭でも電力自由化 法案を通常国会へ

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.