Skip to content


天に栄える村レビュー、消えないのはセシウムか風評被害か via Blogos

(抜粋)

ドキュメンタリー映画「天に栄える村」は、福島県天栄村の農家の方たちの、311以降の米作りの苦闘を描いた作品です。天栄村の農家で構成される天栄米栽 培研究会は2007年に結成され、米の美味しさを競う「米食味分析鑑定コンクール」に2008年から2010年までで3年連続の金賞を受賞していました。 しかし2011年も金賞を、と意気込んでいる最中に東日本大震災と原発事故が発生。福島第一原発から70の距離がある天栄村ですが、風の流れに乗って村の 田畑も汚染されてしまいます。
もうここでは農業を営なむことができないかもしれない。研究会のメンバーだれもが一度はそう思いながらも、諦めずに「安全」と美味しさを共存できる米作り を諦めずに、研究に取り組み、ついには2011年のコンクールでも金賞を受賞します。もちろん放射性物質は未検出を実現して。
しかし、それでも米が売れない。研究会の方々は放射性物質の除去の研究の努力の他、米の安全性を伝えるための説明に奔走することになります。
セシウムは除去できても、風評被害は消せないという現実。しかし、その現実にも天栄村の農家は諦めることなく不断の努力を続けています。この映画はその農家の方々の記録です。

この映画に登場する農家の方々は、放射性物質の専門家ではもちろんありません。しかし慣れない科学用語に四苦八苦しながら、農地を何とかしようと自ら調査 し、解決策を調べ、専門家を招聘し、徹底的な研究をします。セシウムを吸着するゼオライトをまいたり、プルシアンブルーを散布し、源流水の汚染状況を チェックし、プルシアンブルーをしみ込ませた布を配置し、田畑に流れ込む見るの浄化に務めるなど、努力を重ね、収穫された米の検出結果は全袋未検出。

事故直後は農家の方でさえも、奥さんと小さい子供を避難させていたし、ほとんど自給自足の生活をしていた家族が初めて野菜をスーパーで買うなど、農家の家族でさえ抵抗があった地元の食物も、検査の結果がわかるにつれて食卓に並べられるようになります。
東京から農作業を手伝いに来てくれる消費者もいます。不安がないと言ったら嘘になるが、自分たちにやれることはやりたい、それで最後は農家の方の判断に任 せます、と東京から来た主婦の方は言います。汚染に対する不安もあるが、顔の見える関係の信頼関係もまた同時にある。放射性物質は見えなくとも、彼らの努 力と真摯な姿勢は見えている。この映画はそんな生産者と消費者の信頼の物語でもあります。

(略)

八王子の幼稚園で保護者向けの勉強会で農家の1人である石井さんは語ります「自分にも小さい娘がいる。だから不安に思う気持ちはわかるので買ってください とは言いたくない。でも自分たちの取り組みを知ってほしい。自分たちは自分の子どもに食べさせられるかどうかを基準にやっています」と。
勉強会に参加した保護者の中に長崎出身の被爆二世の方がおり、彼女は祖母の話を語ります。原爆が落ちた翌日から祖母はいろんなものを口にしたけど、今でも元気にやっている。しかし差別は無くならないと言います。

全文は天に栄える村レビュー、消えないのはセシウムか風評被害か

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.