Skip to content


私は「原発風俗嬢」(1)現場作業員の間で蔓延する「ドラッグ中毒」の実態 via アサ芸プラス

いまだ収束の気配の見えない福島第一原発。現在、約8000人の作業員が勤務していると見られるが、その下半身を支えているのが、 “性のナイチンゲール〞である「原発風俗嬢」だ。その現場は時に“癒やしの現場〞となり、時に“修羅場〞ともなる。そんな、彼女たちの封印された2年間の 軌跡を追った。

 全国の18の都道府県で働いた経験を持つ亜衣(32)。原発事故直後、風俗バブルに沸く福島で一稼ぎしたというが、あえて過酷な現場に飛び込んだ理由とは何だったのか──。福島県出身の作家・酒井あゆみ氏がその本音を聞いた。

亜衣とは、東京で会った。現在、東京のマンションで暮らす彼女は、東北の出身。複数の街を拠点に、全国の風俗で稼ぎ回る日々を送っている。しかし、原発事故から2年がたった今もなお、「全国でいちばん稼げるのは福島」と言い切った。

「また、福島に働きに行くんです。やっぱり保証が高いし、お客さんも、そんなに癖がない人が多いから‥‥」

しかし、彼女の証言はあまりにも生々しいものだった。複数の作業員が、大麻や覚醒剤などのドラッグに手を染めているというものだった。昨年も大半は福島で働いた。

(略)

それで、わかったんです。戦場の兵士さんとか、現場に行く前に覚醒剤とかを使って、恐怖心をなくすって聞いたことがあって‥‥。それから、そういう 人(ドラッグを使用している作業員)に当たっても、昔のようにあんまり怒りを感じないというか、かわいそうになりますね。世間では悪いとされているクスリ でも、いいのか悪いのか微妙になってますね‥‥」

亜衣自身は、ドラッグにはまったく興味がない。しかし、福島という土地は、彼女にとって生まれ故郷と同じ東北地方であるものの、あくまで「出稼ぎの場」という意識が強い。

全文は私は「原発風俗嬢」(1)現場作業員の間で蔓延する「ドラッグ中毒」の実態

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.