Skip to content


福島市長に小林氏 現職の4選阻む 原発事故対応に批判 via msn.産経ニュース

 東京電力福島第1原発事故後の対応への批判などから首長選で現職の落選が相次ぐ福島県で、任期満了に伴う福島市長選が17日投開票され、無所属新 人で元環境省職員の小林香氏(54)が、4選を目指した無所属現職の瀬戸孝則氏(66)=自民、公明、社民推薦=を破り、初当選した。投票率は49・1% だった。

東日本大震災に伴う原発事故後、初めての選挙。放射線量を下げる除染や子育てできる環境整備などが焦点になる中で、新人の小林氏が「現職批判」票を集めた。小林氏は「福島の現状を変えようという声を受け止めて戦った」と勝利の弁を語った。

(略)

福島県内では原発事故後の対応や復興の遅れに対する不満がくすぶり、4月の郡山市長選、全住民の避難が続く7月の富岡町長選、避難者の移住で人口が急増する9月のいわき市の市長選で相次いで現職が敗れ、県都の一戦が注目されていた。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.