Skip to content


汚染水タンク周辺の雨水、堰外に漏れる 福島第一原発 via 朝日新聞

東京電力は9日、福島第一原発汚染水をためたタンク群を囲む堰(せき)の1カ所から、内側にたまった放射性物質を含む雨水が漏れたと発表した。堰の排水弁付近から漏れたとみられ、堰外に約0・8平方メートル程度の漏れた跡があったという。漏れた量を調べている。東電は、近くに排水路がないため、海への流出の可能性はないとしている。

堰内の水の放射性物質の濃度はストロンチウムが1リットルあたり140ベクレルで、堰内から排水できる暫定基準値の約14倍だった。

続きは汚染水タンク周辺の雨水、堰外に漏れる 福島第一原発

関連記事:一時的のはずが… 福島第一、貯水槽の汚染雨水そのまま(11/8)

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.