Skip to content


福島第一の作業員、ミス防止に向け増員へ 待遇改善も via 朝日新聞

東京電力は8日、福島第一原発の作業員の増員や、待遇、労働環境の改善などの緊急対策を発表した。汚染水漏れなど作業員による単純ミスが相次いでおり、原子力規制委員会から対策をとるよう求められていた。

東電によると、8月に発覚したタンクからの高濃度汚染水漏れまでは、タンクの見回りや、漏れにくいタンクへのつくり替えなどを担当する作業員は100人だった。今後、320人態勢に増やす。

労働環境の改善策として、作業員1200人が入れる大型の休憩所も建設。2014年度末までに発電所近くに3千食を提供できる「給食センター」をつくる。

続きは福島第一の作業員、ミス防止に向け増員へ 待遇改善も

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.