Skip to content


福島原発「コントロールされている」発言、そうは思わない76% via 朝日新聞社世論調査 via 朝日新聞

朝日新聞社の全国定例世論調査(電話)では、東京電力福島第一原発の汚染水問題をめぐり、安倍晋三首相が東京五輪の招致演説で「状況はコントロールされている」と発言したことについても質問した。この発言を「その通りだ」と受け止めた人は11%にとどまり、「そうは思わない」と答えた人は76%にのぼった。▼1面参照

安倍内閣支持層でも「その通りだ」は18%、「そうは思わない」は71%で、自民支持層でも17%対70%だった。東北地方では10%対81%と、「そうは思わない」が圧倒的多数を占めた。

一方、2020年に東京五輪・パラリンピックの開催が決まったことについては「よかった」が77%で、「そうは思わない」の16%を引き離した。年代別にみると、「よかった」は50代以下では8割を超えているが、60代以上では7割に届かなかった。

続きは福島原発「コントロールされている」発言、そうは思わない76%

Posted in *English.

Tagged with , , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. norma field says

    コントロールされていないと思いつつも五輪を歓迎する行為をどう考えるべきでしょうか。五輪開催のおかげで政府が本腰を入れて「コントロール」る、だから「よかった」、と思えなくもありません。打開なき状況の鬱憤晴らしにどうしても思えてしまいます。切ない現実回避です。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.