Skip to content


汚染水の新型浄化装置、再び運転停止 福島第1原発 via 日本経済新聞

 東 京電力は28日午前、福島第1原子力発電所の汚染水から放射性物質を取り除く新型浄化装置「ALPS」で不具合が発生し、運転を停止したと発表した。 ALPSは汚染水問題の切り札とされているが、腐食の発生などトラブルが相次ぎ、本格稼働が遅れている。今回も27日午前0時すぎに試験運転を始めたばか りだった。

 汚染水から取り除いた放射性物質をタンクから排出する部分で問題が生じた。放射性物質を含む泥状の沈殿物を流し出す仕組みだが、出口での沈 殿物の排出流量が減少していた。沈殿物の詰まりなどが考えられるが、原因は不明という。不具合の理由がわかるまでALPSの運転を停止する。

(略)

 汚染水問題の解決には浄化が不可欠で、政府はALPSの9月中の稼働を求めていた。

 ALPSは現在、3基あり、最も新しく試験運転をしていなかった1基を27日に動かし始めた。

 汚染水は毎日400トンずつ増え、いまはタンクなどに約35万トンたまっている。ALPSの本格稼働が遅れれば、汚染水処理計画が狂い、問題は深刻化する。

全文は 汚染水の新型浄化装置、再び運転停止 福島第1原発

関連記事:福島第1原発の汚染水処理、1日足らずで停止=東電 via The Wall Street Journal

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.