Skip to content


福島第1原発の状況、米専門家「スリーマイル島より複雑」via Reuters

[東京 13日 ロイター] – 福島第1原発の汚染水問題への対応で助言を求めるために東京電力(9501.T: 株価, ニュース, レポート)が招へいした米国人専門家のレイク・バレット氏は13日、記者団に対し同原発の状況について、「TMI(米スリーマイル島原発)の事故よりも複雑性が増している」と述べた。

同日に東電が開催した「汚染水・タンク対策本部会議」(本部長・広瀬直己社長)の終了後、記者団の質問に答えた。バレット氏は米原子力規制委員会の元幹部で、1979年に放射能漏れ事故を起こしたTMIの事故処理に携わった。

(略)

一方でバレット氏は、汚染水問題の米国での伝えられ方について「過大に報道している部分もある」と話した上で、「科学者たちは原子力のリスク、放射線についてよりきちんと説明する責任がある」と述べた。

全文は福島第1原発の状況、米専門家「スリーマイル島より複雑」

元英文記事:Japan must get ready to release Fukushima water into the sea: U.S. adviser via Reuters

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.