Skip to content


福島第1原発:汚染水問題 有識者、タンク視察via 毎日新聞

 東京電力福島第1原発の汚染水漏れ事故で、有識者で作る福島県の廃炉安全監視協議会は13日、約300トンの汚染水が漏れた地上タンクを福島県として初めて現地調査した。

 汚染水漏れ事故があった「H4」と言われるタンク群などを視察。視察後、メンバーからは「東電の事故対応はモグラたたきの繰り返しで解決に向かっていない」などの厳しい意見が相次いだ。
[...]
タンク周辺には、漏れた汚染水を食い止めるコンクリートの堰(せき)(高さ30センチ)が設置されているが、雨水とみられる水が大量にたまり、「タンクから汚染水が漏れても判断できない」などの意見が出た。

全文を読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.