Skip to content


福島第1原発、汚染範囲さらに拡大か 1号機タービン海側でも高濃度トリチウム via msn.産経ニュース

 東京電力は9日、福島第1原発1号機タービン建屋海側で7日に新設した観測用井戸の地下水(8日採取分)から、1リットル当たり2万3千ベクレル のトリチウムを検出したと発表した。これまでは2号機タービン建屋より南側で高濃度の放射性物質が確認されているが、北側に汚染が拡大している可能性が浮 上した。

(略)

7月以降、2号機タービン建屋南の3、4号機タービン建屋海側で地下水の放射性物質濃度の上昇が確認されていたが、北方向で検出されるのは初めてとなる。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.