Skip to content


 サイエンスカフェ:原発の「釣り大会」via 毎日jp

「原発の放水口はよく魚が釣れる。昔は釣り大会をしたものだ」。関西電力大飯原発(福井県)を取材で訪れた際、関電の社員は懐かしそうに話した。

原発では、発電機を回した後の蒸気を冷やすため、海水を配管に通して熱を吸収させ、放水口に温排水として流している。そこに魚が集まり、発電所員が釣りの腕を競ったという。「今はやってない」と社員は強調した。

原発で悠然と釣り糸を垂れる太公望たち−−。「安全神話」の言葉が頭をよぎった。釣り自体は責めない が、怖いのは「事故は起こらない」という気の緩みだ。原発の新しい規制基準は、東京電力福島第1原発事故のような過酷な事故を前提とした対策を義務化。7 月8日の施行後、関電など4社が6原発12基について「新基準を満たしている」と原子力規制委員会に再稼働申請した。

続きは  サイエンスカフェ:原発の「釣り大会」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.