Skip to content


被団協元代表委員・山口仙二さん死去 核廃絶訴え、長崎の平和運動けん引via 西日本新聞

長崎原爆で被爆し、日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の代表委員として日本の反核運動の先頭に立ってきた山口仙二(やまぐち・せんじ)氏が6日午前9時30分ごろ、心不全のため長崎県雲仙市内の病院で死去した。82歳。長崎県五島市出身。
[...]
山口さんは長崎県立工業学校1年のとき、学徒動員で塹壕(ざんごう)堀りの作業中に爆心地から約1・1キロメートルの地点で被爆。上半身に大やけどを負い、顔や体にケロイドが残ったほか、原爆症と思われる肝機能障害に終生苦しんだ。
 戦後は被爆者に対する偏見に耐えながら、1955年の長崎原爆青年会創設を皮切りに、被爆者組織の結成に奔走。全国の被爆者団体でつくる被団協の結成にもかかわった。
[...]
雲仙市内のケアハウスで療養中も国内外のメディアの取材に積極的に応じ、晩年まで核兵器廃絶を訴え続けた。昨年10月の取材には、東京電力福島第1原発事故に触れながら「放射能の危険性を世界にもっと広めないとだめ」と答えていた。

全文はこちら
原発についてはナガサキの被爆者たち 山口仙二の生き方・5/願いで「テレビや新聞を見ることも少なくなった。福島で起きた原発事故のことも詳しくは分からない。だが、核の恐ろしさを身をもって知る仙二は「核兵器も原発も同じ。ない方がいいに決まっている」と話す。」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.