Skip to content


福島原発、井戸から高濃度放射性物質 海から6メートル via 朝日新聞

東京電力は29日、福島第一原発の岸壁から約6メートルしか離れていないところに掘られた観測用井戸の地下水から、放射性物質を高濃度で検出した、と発表した。ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質で水1リットル当たり3千ベクレルと周辺の井戸の濃度の2倍以上。東電は、海へ漏れたかどうかを慎重に調べる。

この井戸は、1、2号機のタービン建屋海側の観測用井戸から、同1千ベクレルストロンチウムなどが検出されたのを受け、海側に19メートル離れたところに新たに掘られた。

続きは福島原発、井戸から高濃度放射性物質 海から6メートル

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.