Skip to content


原発近くで無人ヘリが墜落 モニタリング中、操縦ミスで via msn.産経ニュース

日本原子力研究開発機構(原子力機構)は10日、東京電力福島第1原発の北約1・5キロの福島県双葉町役場付近の休耕田に、空間放射線量のモニタリ ングをしていた無人ヘリコプターが9日に操作ミスで墜落したと発表した。現場周辺は帰還困難区域に設定されていて住民は避難している。この事故でけが人や 建物への被害はなかった。

原子力機構によると、9日午前10時すぎ、モニタリングを請け負っている調査会社の操作員が、自動操縦で飛行していた無人ヘリを手動操縦に切り替えて着陸させようとしたところ、操縦用無線機の操作手順を誤り、ヘリは墜落した。

ヘリは全長約2メートル、重さ約100キロ。墜落現場から約2キロ離れた沿岸付近で操作し、上空約80メートルを飛行していた。墜落で羽根が破損し、脚の部分が変形した。

続きは原発近くで無人ヘリが墜落 モニタリング中、操縦ミスで

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.