Skip to content


福島双葉町の警戒区域を2つに再編 via 日刊スポーツ

東京電力福島第1原発事故で、全域が警戒区域になっていた福島県双葉町の避難区域が28日「帰還困難区域」と「避難指示解除準備区域」の2つに再編された。

 警戒区域は、原発から半径20キロ圏で、災害対策基本法に基づき立ち入り禁止とされる。原発事故後の2011年4月、県内の9市町村に設けられた後に解除が進み、双葉町が最後まで残っていた。

 県内全域で解消されるが、法的拘束力はないものの引き続き原則立ち入り禁止の帰還困難区域が、第1原発がある双葉町や大熊町など広い範囲で残る。政府が避難指示を出した区域の住民約8万4000人のうち、帰還困難区域の人口は3割の約2万5000人で、住民帰還の見通しは立っていない。
[...]
日中の立ち入りは許されるが、夜間の寝泊まりはできない避難指示解除準備区域は、町北東部の一部地域で、人口はわずか4%(250人)。沿岸部で津波による大きな被害を受けた。

全文はこちら

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.