Skip to content


ベラルーシに本県子ども派遣 友好協が20日まで参加募る via 福島民報

NPO法人日本ベラルーシ友好協会は今夏、県内の子ども25人をベラルーシに派遣する。20日まで参加者を募っている。
同じ原発事故の被災地 での交流などを通じ、国際的視野を広げることを目的としている。7月29日から8月9日までの日程で訪問する。保養所などに滞在し、現地の子どもとの交流 や美術館視察などを予定している。対象は小学生から16歳まで。費用は保険料など2万円。交通費、食費などはベラルーシ政府が負担する。

続きはベラルーシに本県子ども派遣 友好協が20日まで参加募る

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    福島の子供が安価に(2万円が誰にとっても安価というわけではありませんが)福島を離れることが出来るのは嬉しいことですが、行き先がベラルーシというのは、釈然としないものが残ります。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.