Skip to content


原発事故での家族離散を描いたドキュメンタリーが満員の初日…出演者も「皆さんに会いたい」と心境を吐露 via シネマトゥデイ

[シネマトゥデイ映画ニュース] 4日、新宿K’s cinemaでドキュメンタリー映画『飯舘村 放射能と帰村』が初日を迎え、満席の観客の前で舞台あいさつが行われた。

原発事故での家族離散を描いたドキュメンタリーが 画像ギャラリー

福島第一原発から、30キロ以上離れていながらも、風向きなどから大量の放射能に汚染され、「全村避難」を余儀なくされた福島県の飯舘村。本作 は、原発事故により酪農という生業を失い、家族離散に追い込まれた二つの家族に密着。事故後の彼らの生活、そして尽きることのない故郷や家族への思いを、 『“私”を生きる』の土井敏邦監督が描き出す。

この日は、本作に出演する元酪農家・志賀正男さん、志賀ミエ子さん夫妻が福島から来場。壇上に立った志賀さんは「わたしは2度の国難にあいまし た。1度目は戦争で父を亡くしました。そして今度は原発でふるさとを追われました」と静かに語り始め、「日本の国は北朝鮮と同じだと感じております。今か ら60年前、原発を推進しようとする人たちの話に反対したなら、もう飯舘村にはいられなかったから」と付け加える。

さらに20代、30代という若い人たちの50パーセント以上が「飯館村には帰りたくない」というアンケート結果が出たことを受けて、志賀氏は「私は75ですから、私たちが亡くなったら、飯館村はなくなると思います。もう帰ってくる人もおりませんから」とポツリ。

続きは原発事故での家族離散を描いたドキュメンタリーが満員の初日…出演者も「皆さんに会いたい」と心境を吐露

関連情報:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.