Skip to content


1. 双葉町ネットを始める理由 -1- via 福島県 真実の報告書 双葉町ネット

1.双葉町ネットを始める理由

以下の理由から双葉町ネットを始めることになった。

双葉町ネットのメンバーへ  石澤治彦

毎日色々見ていると、色々な人、団体が被災者を支えている。そんな中にも利益の為に動いてたり、注目を集めたいとかの理由でやっているのがなんとなく わかる人達も居る。それでも被災者の為になるのだったら良いと思う。では私はどうなのか?と思われる人も居ると思う。私は双葉町ネットの代表が やりたい訳ではない。むしろ代わりに出来る人が居ればいつでも席を譲ります。私がやっている理由はお金や名声の為ではない。離婚して別れた我 が子、妻、家族、知人に、多大な迷惑を掛けてしまった罪滅ぼしでもある。離婚した理由は、被ばくによる白血球増加で色々な病気も併発し働けなく なった為だ。家族を養う事も出来ないうえに、私の治療にかかる費用まで負担させるのはできず、私の方から離婚をお願いした。親だったら子供に負 担など掛けたくないと思います。親としての責任は?と言われても働ける身体ではないので出来ませんでした。ただ謝るしか出来ません。私の病気 が日々重くなってきて、最近動く事が難しくなって来ている。間もなく動けなくなるだろう。もちろんずっと病院には行ってるがこの状態。今動ける 内に、迷惑を掛けた人達に出来る事は無いか?と双葉町ネットを始めた。他の団体と違い支援活動等ではないので資金提供も無し、完全に自己負担でやら ないと意味がない。皆の力が必要です。一人一人いろいろな事ができます。小さな事でも良いからがんばりましょう。

報告書全文は 福島県 真実の報告書 双葉町ネット

目次

1.双葉町ネットを始める理由 1 ページ
2.加須の避難者の現状 2 ページ
3.福島県外へ避難されている I さんの場合 3 ページ
4.福島県内に今も放置されている汚染土壌 7 ページ
5.除染作業者の証言 8 ページ
6.モニタリングポスト周りの事実 13 ページ
7.架空請求 14 ページ
8.仲間の家族の死 15 ページ
9.不足だらけの現場 16 ページ
10.故郷を離れても双葉町民 17 ページ
11.遠くからの仲間 18 ページ
12.存在しない被ばく 19 ページ
13.天災と人災の違い 20 ページ
14.過酷な労働 21 ページ
15.本当の災害 22 ページ
16.弱い立場 23 ページ
17.日常の改ざん 24 ページ
18.機密が無い建屋 24 ページ
19.双葉町表面線量 25 ページ
20.国側の線量データ 26 ページ
21.子供達から日本政府に向けて 27 ページ
22.放射線管理手帳 28 ページ
23.健康被害目安(成人男子) 29 ページ
24.土地、家の賠償 30 ページ
25.モニタリングポスト数値 32 ページ
26.除染作業従事者の部屋 33 ページ
27.新たな犠牲者 34 ページ

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.