Skip to content


【社説】原発事故と沖縄 労働環境改善に努めよ via 琉球新報

こんなことがまかり通っていいのか。東日本大震災の原発事故の収束と除染作業に従事する県出身者の実態について、琉球新報は17日から連載「原発事故とウチナーンチュ」で紹介している。
 ある人は就業地が偽られ、原発作業であることを隠されたまま現地に派遣された。日当が一方的に下げられ、突然解雇された人もいる。証言で明らかにされる事実に驚愕(きょうがく)するほかない。復興事業の陰で「使い捨て」「モノ扱い」にされている県出身者が多く存在していることに強い憤りを感じざるを得ない。
[...]
職業安定法の第65条には虚偽の求人広告や虚偽の条件提示で募集をした場合、6月以下の懲役か30万円以下の罰金に処されるとある。同法違反に該当するのは明らかであろう。会社は処罰すべきで、野放しにしたままでは第二、第三の被害者が出てしまう。
[...]
福島県から遠く離れた沖縄の労働者は現地の事情に詳しくない。渡航費を捻出して来ているので条件が違っても帰るに帰れないという事情もある。こうした点につけ込まれ、労働力が買いたたかれているのは問題だ。除染作業には2011~13年度までに1兆2千億円という巨額の公費が投じられる。その費用が適正に使われず、労働者が不利益を被っている現状は是正する必要がある。関係機関は実態を把握し、労働環境を改善すべきだ。

全文はこちら

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.