Skip to content


福島第1原発、仮設配電盤にネズミ?の死骸 プールの水温は安定 via 日本経済新聞

 東京電力福島第1原子力発電所の施設の一部が停電した問題で20日未明、停電の影響を受けた9施設の全ての設備が約29時間ぶりに全面復 旧した。東電は同日、電力供給が止まった設備につながる仮設配電盤の内部に焦げ跡を見つけたと発表。焦げ跡の近くにはネズミとみられる小動物の死骸があっ た。

 東電は、ネズミが配電盤をショートさせた可能性も考えられるとして、詳しく調べている。

 焦げ跡が見つかった配電盤は3、4号機近くでトラックに載せた状態で設置していた。停電の調査をしていた作業員が内部を調べたところ、20 日午後0時すぎ、端子と壁面が焦げているのを見つけた。この部分に過電流が流れて配電盤が不具合を起こし、停電に至った可能性があるという。

 焦げ跡付近にあった15センチほどの小動物の死骸は腐敗や白骨化はしていなかった。配電盤内部で小動物が端子などに接触すれば停電を引き起 こすことも考えられるという。配電盤は仮設で、屋外に置かれており、小動物が入り込める構造だった。東電は引き続き、停電原因の調査を進める。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.