Skip to content


WHO、福島原発事故の最大の被災地でがん発症リスク高いと分析 via ロイター

 

(抜粋)

WHOは200ページに及ぶ健康リスク評価リポートの中で「福島の事故に起因すると認められる健康リスクの高まりは日本国外では見込まれて いない。日本に関しては、最も被害が甚大だった地域で、特定の年齢、性別において特定のがんを発症する生涯リスクが基準値を上回る可能性がある」としてい る。

全文はWHO、福島原発事故の最大の被災地でがん発症リスク高いと分析

関連記事:

世界保健機関(WHO)は28日、東京電力福島第1原発事故による周辺住民や原発作業員の健康への影響に関する 報告書を公表した。甲状腺がんのリスクが最も高まるのは原発周辺の1歳女児で、福島県浪江町の女児は生涯に甲状腺がんにかかる確率が0・52ポイント上 がって1・29%となり、日本の平均的な1歳女児の発がんリスクの約1・7倍となった。

続きは原発事故で発がんリスクやや上昇 WHOが報告書公表 via 47 News

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.