Skip to content


北朝鮮核実験による放射能-大騒ぎする自治体、政府-フクシマとの比較 via 院長の独り言

2013年2月12日11時57分に北朝鮮が核実験を行いました。それに対する日本政府の素早い反応

自衛隊、集じん飛行へ準備 2013/2/12 13:13
防衛省・自衛隊は12日、北朝鮮が核実験をした可能性があることを受け、核実験をした際に大気中に発生する放射性物質の収集や日本への影響を分析するた め、同日中に集じん飛行する準備に入った。T4練習機を航空自衛隊の三沢(青森県)、百里(茨城県)、築城(福岡県)の各基地から同日15時前に飛行させ るよう準備している。

実験から3時間後にはすぐに飛び立てる状況まで。日本のWSPEEDIの公開も発表2時間後

北朝鮮による核実験実施に係る放射線モニタリングの実施の際に参考となるデータについて
平成2 5 年2 月1 2 日
文部科学省
放射線対策課
2月12日の北朝鮮の核実験実施に係る、航空自衛隊機による高空の放射線モニタリング実施に際し、(独)日本原子力研究開発機構が開発した「WSPEEDI-Ⅱ」による放射能拡散予測結果を飛行経路設定の参考情報として提供しましたのでお知らせ致します。

[...]

一方フクシマの時には、

気象庁が風向きを隠し、

新野宏気象学会理事長がフクシマからの拡散予測の発表を禁じ、

気象庁は予算を削減すると脅して、大気中の放射能の測定をストップさせ

自衛隊は事故後、一週間以上遅れて、大気中の放射能濃度を測定

SPEEDIは事故当初の値ですら、2ヶ月以上たって公開

したのと全く違います。

[...]
ちなみに、公式のフクシマの漏洩量はヒロシマ型原爆の168倍ですから、今回の北朝鮮の核実験が、大気核実験と考えても300分の1以下。あのフクシマで さえ、健康に被害は与えないと政府が言明しているのですから、北朝鮮が仮に大気核実験だったとしても健康には全く被害は起きませんし、ましてや地下核実験 なのですから、十分無視しうる放射能量のはずです。
それにもかかわらず、政府、自治体が大騒ぎするのはなぜでしょうか。少なくとも、群馬、東京は、フクシマへの対応を改めるべきです。フクシマの方が北朝鮮よりも近く、しかも遙かに多量の放射能を浴びたのですから。

全文は 北朝鮮核実験による放射能-大騒ぎする自治体、政府-フクシマとの比較

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.