Skip to content


除染作業:組幹部を再逮捕 違法派遣容疑で山形県警 via 毎日新聞

東京電力福島第1原発事故に伴う福島県伊達市発注の放射性物質除染事業を巡り、山形県警組織犯罪対策課は31日、労働者派遣法違反(無許可営業)容 疑で、指定暴力団住吉会系幹部の荒井好憲被告(40)=別の同法違反罪で起訴=を再逮捕した。除染に暴力団がかかわったとして摘発されるのは全国初。荒井 容疑者は「除染作業は日当が高いからもうかると思った」と容疑を認めているという。

再逮捕容疑は昨年11月、派遣業に必要な厚生労働相の許可を得ないで、個人で雇ったいずれも50代の山形県内の男性3人を、除染事業の3次下請けの同県内の土木業者に派遣。3人で延べ20日間、伊達市内で除草作業などをさせたとしている。

同課によると、作業員は日当約1万5000〜1万7000円の3分の2程度しか受け取っておらず、残りは荒井容疑者が上部団体への上納金などに充てたとみられる。同課は荒井容疑者が昨年11月から今月までに、3人を含め約10人を除染事業に派遣したとみて調べている。

続きは 除染作業:組幹部を再逮捕 違法派遣容疑で山形県警

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.