Skip to content


関西財界 経産相に原発再稼働、規制緩和を要望 via 神戸新聞

 茂木敏充経済産業相と関西財界首脳との懇談会が23日、大阪市内であった。財界側は原発の早期再稼働や関西イノベーション国際戦略総合特区での規制緩和を求めた。

(略)

冒頭、関西経済連合会の森詳介会長(関西電力会長)が「安全性が確認された原発は再稼働を進めてほしい」と要望。神戸商工会議所の大橋忠晴会頭(川崎重工業会長)は神戸医療産業都市構想への支援などを訴えた。

経産相は記者団に「規制緩和の要望が強かった。規制改革の中で変えるべきは変えていく」と話した。

その後、尼崎市の三菱電機伊丹製作所を訪れ、次世代送電網「スマートグリッド」の実証実験設備を視察した。経産相は「エネルギーを管理し、最適化していくことが日本の大きな課題だ」と述べた。(桑名良典、末永陽子)

全文は関西財界 経産相に原発再稼働、規制緩和を要望

*関連記事:また節電?関西経済に深刻な影響も 大飯原発に新基準厳格適用方針 via msn産経ニュース

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    『関西財界』といっても、関西経済連合会の会長は関西電力の会長ですから、全く説得力がありません。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.