Skip to content


米国防省がこっそり発表 東京赤坂でも14ミリシーベルトの被ばく via 税金と保険の情報サイト

(抜粋)

やはり大きかった子どもの甲状腺被ばく

算定を行ったのは米国防省に所属する保健の専門家。米国防省、エネルギー省、日本政府、民間組織などが集めたデータを元に、ICRP(国際放射線防護委員会)の手法を用いて推計値を算出。専門の独立機関NCRP(米国放射線防護審議会)が審査した。

対象となったのは、三沢飛行場や航空自衛隊松島基地のある仙台、百里基地、横田基地など、米国防省と関連性のある地域。2011年3月12日から、5月11日までの60日間、それぞれの地点で24時間外にいた場合の最大被ばく量が算定された。

報告書によると、特に放射性要素による甲状腺の被ばく量が大きく、赤坂に1歳~2歳の子どもがいた場合、甲状腺被ばくは14.0ミリシーベルトにものぼるという。大人でも、同地点の被ばく量は5.2ミリシーベルトに達する。

遠く山口県でも見られた被ばく

関東エリアは軒並み高い数字が算定されているが、福島第一原発から遠く離れた山口県岩国基地でも、被ばくがあったとされている。

1歳~2歳の子どもで0.87ミリシーベルト、大人で0.27ミリシーベルトにのぼるという。
福島には米軍関連施設がないため、被ばく線量の算定は行われていない。

全文は米国防省がこっそり発表 東京赤坂でも14ミリシーベルトの被ばく

*関連サイト:甲状腺のヨウ素被曝、東京成人5.2mSv~米国防省推計 via Ourplanet-TV

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.