Skip to content


除染 くにさだ きみ via 第七官界彷徨

ひとつぶの水が もしもわたしに造れたら
ひと息だけでいいから
もしもわたしに 生まれたての空気がつくれたら。
ほんの ひとつぶだけどーー
たったの 一息にすぎないのだけれどーー
フクシマに また
いきものの住める透明な
水と
空気が甦る気がする。

涙ハ ドウシテ水ニ戻ルト書クノデショウカ。
[...]
答えて下さい。
ブラウン管の向こう側で
軽々と
「除染」を言ってのける
あなたよーー

ナゼ波ハ 水ノ皮トカクノデショウカ。
海ハナゼ 水ノ毎ト書クノデショウカ。
ドウイウ訳デ
泣ク トイウ字ハ
水ガ立ツト書クノデショウカ。

染マルトイウ字ニモ 
水ノアルノハ 悲シイコトデス。

☆作者のメッセージ
=昭和55年刊の私の『広辞苑』には「除染」というコトバがありません。
 「除雪」はあるのに。
 「除雪」の項には「積雪を除去する。ゆきかき」と書かれています。
 被災地の「除染」の映像はゆきかきと違い、ブルドーザーで削った表土が、シートで隠されて、溶けたりはしないのです。
 シートの内側のセシウム137の半減期は30年。
 放射能除去は除雪みたいにいかないのです。
 「除染」とは誰が何を隠すためのコトバでしょうか。=

全文は除染

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.