Skip to content


戻れぬ福島、裂かれる絆 離婚・絶縁…募る孤立感 via 朝日新聞デジタル

【斎藤徹】東日本大震災から、11日で1年8カ月。原発事故で九州に避難してきた人たちの中には、放射能の危険性をどう考えるかで意見がぶつかり、 家族や仲間を失った人がいる。「あの事故さえなければ」。震災後、この国で強調されてきた人々の絆をも、原発事故は傷つけている。

「できるだけ遠くへ」

橋本希和(きわ)さん(21)は今年1月、福島県郡山市から福岡県那珂川(なかがわ)町に越してきた。親類も知人もいなかったが、県が避難者に無償で住まいを提供していることを知り、決めた。

続きは有料サイト 戻れぬ福島、裂かれる絆 離婚・絶縁…募る孤立感

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.