Skip to content


東電 除染担当者増員を環境相に説明 via NHK Web News

(抜粋)

東京電力は、新たな経営方針の中で除染の担当者を今の3倍の300人体制に増やすと発表したのを受けて、9日、東京電力の廣瀬社長が環境省を訪れ、長浜環境大臣と面会しました。
冒頭、廣瀬社長が「新しいアクションプランで除染を推進する計画を説明したい」と述べたのに対し、長浜大臣は「1日も早く安心安全の確保をしなければならないので、より積極的な対応をお願いしたい」と要請しました。
また、会談では、長浜大臣は、東京電力が2019年から主な電源を火力発電で調達する方針を発表したことを巡って、将来的に火力発電の割合などを減らしていくとする政府の新しいエネルギー政策に沿って、今後の事業計画を見直してほしいという考えを示したということです。
会 談後、廣瀬社長は記者団に対し、「土木や放射線の専門家など環境省のニーズにあった人材を出して、除染への役割を果たしていきたい」と述べました。また、 火力発電については、「原子力がこういう状況なので、再生可能エネルギーの取り組みとあわせてエネルギーのベストミックスを考えていかなければならない」 と話しました。

全文は東電 除染担当者増員を環境相に説明

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.