Skip to content


「被災地は医療崩壊」の声も=県立医大で初の検討会-福島 via 時事ドットコム

 東日本大震災や東京電力福島第1原発事故で被災した福島県相双地区の医療状況を検討する初の会合が8日、福島市の福島県立医科大で開かれた。第1原発が ある同地区は震災後、医師や看護師が慢性的に不足している上、急速な高齢化に見舞われており、参加者からは「被災地は医療崩壊が起こっている」との声も聞 かれた。
県によると、相双地区の医師は震災前の120人から74人に、看護師は1188人から737人に減少。

続きは「被災地は医療崩壊」の声も=県立医大で初の検討会-福島

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.