Skip to content


東電、第一原発作業員を3倍で発表…故意は否定 via Yomiuri online

東京電力は6日、福島第一原発の作業員数を実際の約3倍の人数で発表していたことを明らかにした。

福島県は同日、東電と経済産業省資源エネルギー庁に抗議し、速やかな調査を要請した。

東電は7月に改定した「中長期ロードマップ」で、今年5月時点の従事登録者数を約2万4300人と表記。だが、東電福島地域支援室によると、実際 に5月時点で登録していたのは約8000人で、表記の人数は原発事故後に同原発で従事した作業員の累計だった。実際に作業したのは5500~6000人と している。

同室は「累計人数と実働人数の違いの説明が不十分だった」とし、故意の発表だったことは否定し、適切な表記を検討するという。

続きは東電、第一原発作業員を3倍で発表…故意は否定

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.